So-net無料ブログ作成

タルバガタイ村 ユネスコ無形文化遺産 [旅行]

セレンゲ川の絶景を見たあと、タルバガタイ村に向う。ユネスコの世界文化遺産に登録されている。

もともとはギリシャ正教の異端派として弾圧され、ロシアからポーランドに追放された人々の村である。

エカテリーナ二世の時代にポーランドは分割され、一部はロシア領となった。そこでエカテリーナ二世は異端派の人々をシベリアのこの地に移住させた。以後、この地で隔絶した生活を送って昔からの生活習慣が存続した。それが無形文化遺産に登録された理由である。

タルバガタイ村の通り。彩色された窓枠が風変わりだ。

14タルバガタイ村 (1).jpg


食事した店。

14タルバガタイ村 (2).jpg


食事場所。狭い。隣の人と肘を合わせるような狭さ。おまけに暑かった。もちろん、冷房など存在しない。半分も食べなかった。

14タルバガタイ村 (10).jpg


このあと外に出て、民俗音楽のショーを見る。感想は控える。

14タルバガタイ村 (22).jpg


14タルバガタイ村 (14).jpg


シベリアの花。

14タルバガタイ村 (25).jpg


教会に向う。ギリシャ正教の異端ということだが、ギリシャ正教を知らないので、どうして異端とされたのかが分からない。

14タルバガタイ村 (30).jpg


教会は小さい。

14タルバガタイ村 (33).jpg


通りに出る。

14タルバガタイ村 (43).jpg


やはり、窓が気になった。

14タルバガタイ村 (39).jpg


14タルバガタイ村 (48).jpg




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。