So-net無料ブログ作成

ウラン・ウデ オペラバレエ劇場 [旅行]

ウラン・ウデ市の人口は約40万人だが、コンサート・ホールもオペラバレエ劇場もある。

レーニン広場からソヴィエト通りを渡ると。オペラハウス前の広場である。

IMG_3156.JPG


IMG_3152.JPG


IMG_3154.JPG


ここでバレエの芸術監督を務めているのが、日本人の岩田守弘氏である。バレエ団には日本人ダンサーが3人いるという話だった。

この近くにバレエ学校があるが、そこには十数人の日本人が学んでいるという。

8月の期間中はもちろん夏休みで公演は行われない。扉が開いていたのでチケット売り場までは入れた。

IMG_3160.JPG


ホワイエも美しそうだった。入場料金は日本円で1000円~5000円ということである。客席は600席というから、日本で言えば中ホールぐらいの大きさである。

IMG_3161.JPG


IMG_3162.JPG


劇場の横。

IMG_3165.JPG


ソヴィエト通りに凱旋門がある。

IMG_3166.JPG


IMG_3167.JPG


このあと、スーパーマーケットに入り、お土産を買う。

夕食会場。

15ウランウデ市内 (53).jpg


15ウランウデ市内 (54).jpg


翌15日は、なんと3時45分にモーニングコールである。早々に部屋に戻る。




(追記)

この旅行のあと、日経新聞で岩田守弘のインタビューが数回掲載されたのを読む。当初、赴任したときは客席が100人ぐらいしか埋まっていないときもあったそうである。

国際的な行事をウラン・ウデで開きたいと言っていた。

それが実現し、今年(2019年)4月24日~5月6日に日ロユーラシア国際バレエ・コンクールが開催された。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。