So-net無料ブログ作成

秋田内陸縦貫鉄道に乗る [旅行]

秋田内陸縦貫鉄道は、角館駅と奥羽本線の鷹巣駅を結ぶローカル線である。全長94.2キロ。最も長いローカル線で、廃線の噂が絶えない。今のうちに、ということで、鷹巣駅から角館駅まで乗った。

それに途中に阿仁マタギ駅がある。いかにも山奥を走る路線という感じがする。

全線を走る急行が1日1本あるが、時間の都合上、鷹巣駅10時25分発の普通電車に乗る。途中の阿仁合駅で乗り換える。角館駅に着いたのが13時21分。おおよそ3時間。

車両は普通。急行はサロン風になっているのがあるらしい。観光列車として乗客を集めるしか方法がない。

車内放送も、日本語、英語、韓国語、中国語の4ヶ語だった。

↓ 鷹巣駅の電車 車内

2013年12月08秋田縦貫鉄道 (3).JPG2013年12月08秋田縦貫鉄道 (4).JPG

途中の阿仁合駅で乗換える。阿仁合駅は北秋田市に属する。阿仁銀山があったことが駅名表示から分かる。
ここに秋田内陸縦貫鉄道の本社がある。

駅には売店の他にごく小さなレストランがあるが、誰が食べるのだろうか。

2013年12月08秋田縦貫鉄道 (10).JPG2013年12月08秋田縦貫鉄道 (12).JPG2013年12月08秋田縦貫鉄道 (13).JPG

阿仁合駅から角館駅まで女性のガイド付きになる。観光バスに乗った気分になる。説明をきいていると退屈しない。車内販売もあるだろうと予想した。

ガイド付きのローカル鉄道としては、覚えているのは、津軽鉄道と山形鉄道(フラワー長井線)がある。フラワー長井線で車内販売を体験した。その時買ったフェイスタオルはまだ使っています。

今回は全国お土産品第4位になったというバター餅を買った。バターの味は?だが、淡泊で食べやすかった。

IMG_4087.JPG


阿仁合駅からは山中で、渓谷美を楽しめるところがある。写真は窓ガラスでくもってしまったが、紅葉シーズンは美しかろうと思う。見所では電車は最徐行して風景を楽しめるように配慮している。

期待していた「阿仁マタギ」駅もあった。山奥ではなかった。

2013年12月08秋田縦貫鉄道 (23)-2.jpg2013年12月08秋田縦貫鉄道 (27)-2.jpg

角館駅に着いた時には小雨になっていた。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。