So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

恵山岬温泉日記 その5 [旅行]

恵山岬温泉は陸の孤島である。ホテルは一軒しかない。

01恵山岬温泉 (174).jpg


01恵山岬温泉 (175).jpg


01恵山岬温泉 (176).jpg


01恵山岬温泉 (173).jpg


平成とは? 今年初め、ある評論家が平成時代は穏やかな時代だったというのを聞いたとき驚いたものだった。何を言っているのか?

経済は下り坂、収入減、格差拡大、おまけに大災害が頻発した。とどめは原発事故だ。出来事を並べれば、平成はロクでもない時代だった。こういうのが当たり前だろう。

しかし、その後の新聞の論調を読むと、戦争のない穏やかな時代だった、ということで一致している。答えを合わせている気がした。

生活満足度では、75%ぐらいの人が満足しているという数字が出ている。

データと満足度がかけ離れている。生活実感の方を重んじるべきだろうが、なぜ乖離するのかが分からない。

ともかく、社会の急激な変化がハッピー感を生んだのだろうか? 急激な変化とは、ネット社会の到来である。これは凄い変化だった。


ホテルから函館空港に行く途中、道の駅に立ち寄る。

恵山を反対方向から見る。

02道の駅恵山 (3).jpg


02道の駅恵山 (4).jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

恵山岬温泉日記 その4 [雑感]

恵山の麓まで歩く。

01恵山岬温泉 (124).jpg


01恵山岬温泉 (127).jpg


01恵山岬温泉 (128).jpg


01恵山岬温泉 (131).jpg


恵山。

01恵山岬温泉 (138).jpg


恵山の頂上まで登った人がいた。話を聞くと、地獄谷のような雰囲気で面白かったという。

01恵山岬温泉 (132).jpg


01恵山岬温泉 (133).jpg


01恵山岬温泉 (134).jpg


01恵山岬温泉 (139).jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

恵山岬温泉日記 その3 [旅行]

早朝、ホテルの周辺を散策する。

近くに函館市灯台資料館があった。

01恵山岬温泉 (110).jpg


01恵山岬温泉 (109).jpg


定礎は平成7年だ。要らない施設の典型である。もちろん!現在では閉鎖されている。なぜここにこういうものを建てたのか。

01恵山岬温泉 (111).jpg


朝は、眺望が良く、日の光がまぶしい。こういうところで、2時間も3時間もボンヤリしていられるようになった。何を考えているのかというと、全然思い出せない。とりとめがない。激したり、鎮んだりする。

01恵山岬温泉 (105).jpg


01恵山岬温泉 (103).jpg


01恵山岬温泉 (99).jpg


01恵山岬温泉 (96).jpg


思うことは、平成とは不思議な時代だったということ。データと生活実感が乖離している。データの数字はひどいものだが、生活は平穏だった。この疑問が解けない。

01恵山岬温泉 (112).jpg


01恵山岬温泉 (113).jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恵山岬温泉 水無浜温泉 [旅行]

恵山岬温泉の名物は、水無浜温泉である。海辺にある温泉で、入浴は自由、フリーである。満潮時には海に沈んでしまうため、入浴しても意味がない。

ホテルに入浴可能時間が記されていた。様子見に浜に出かけた。

海辺に下りていく。

01恵山岬温泉 (46).jpg


海辺を歩く。

01恵山岬温泉 (49).jpg


01恵山岬温泉 (50).jpg


温泉に入る通路で舗装されている。雨模様で寒く、入浴者なし。

01恵山岬温泉 (53).jpg


これが風呂。コンクリで周囲を仕切っている。

01恵山岬温泉 (59).jpg


入浴するときはスッポンポンになるようだが、できない人もいるだろう。

01恵山岬温泉 (57).jpg


01恵山岬温泉 (58).jpg


脱衣所は浜の上にある。ここからスッポンポンで浜までおりるのは度胸がいる。水着姿の人も多いだろう。

01恵山岬温泉 (60).jpg


岬の姿が不気味だ。

01恵山岬温泉 (68).jpg


暖かくなれば賑わうかもしれない。

結局、翌日は一日中強風で入浴できる状態ではなかった。

入浴した人の話では、足下で蟹が動いているのがわかり、面白かったという。





タグ:水無浜温泉
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

恵山岬温泉日記 その2 [旅行]

人の少ない所を好むようになった。

老いは突然やってくる。ある日、自分が老いたことに気付く。

01恵山岬温泉 (20).jpg


今年の初め、精神的にも自分が老いたことに気付く。世の中のことがどうでもいいと思うようになったのだ。無関心になったといっていい。

01恵山岬温泉 (16).jpg


01恵山岬温泉 (17).jpg


01恵山岬温泉 (18).jpg


こういう無関心さが私特有の現象なのかどうかは分からない。他人の心は分からないからだ。

人によって違う。老いのことについては、五木寛之もかなり書いている。下重暁子も書いている。しかし、広告で読むだけで本を手に取ったことがない。

世間的に成功した人と無名の人では状況が違いすぎる。アテにならない。

老年期は格差が開く。経済的な面ばかりでなく、肉体的能力においても、精神面においても、格差が開く。

老人には普遍的原理が存在しない。

01恵山岬温泉 (21).jpg


01恵山岬温泉 (22).jpg


01恵山岬温泉 (24).jpg


01恵山岬温泉 (26).jpg


01恵山岬温泉 (27).jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

恵山岬温泉日記 その1 [旅行]

4月下旬、恵山岬へ旅行した。恵山岬にあるホテルに連泊した。

恵山岬は、函館の東側、亀田半島の先端である。函館空港でおりれば、通常は西に向かい、函館市内あるいは湯の川温泉を目指すか、または大沼公園まで北上するコースをとる。

函館空港の東にある恵山まで行く人は稀である。

恵山まで行ったことがないので好奇心が起きた。

函館空港からはホテルの送迎バスを利用した。というか、送迎バスを利用しないと、行けないような場所にホテルがある。行ってビックリ、陸の孤島である。店のある集落までは徒歩なら1時間以上かかる。

出かける気はまったく起きなかった。

ホテルの周辺は恵山道立公園である。公園らしく整備されているが、人気はまったくなかった。

01恵山岬温泉 (38).jpg


恵山から風が吹くと、硫黄の臭いがした。恵山は活火山である。

01恵山岬温泉 (2).jpg


01恵山岬温泉 (4).jpg


遠くに恵山岬が見える。

01恵山岬温泉 (8).jpg


北海道の春は遅い。いっぺんに春がやってくる。荒涼とした風景だが、今の私には、この方が好ましい。

段々と人混みが嫌いになってきた。渋谷や新宿は歩きたくない。横浜駅も同じになった、地元だが。

01恵山岬温泉 (9).jpg


01恵山岬温泉 (10).jpg


01恵山岬温泉 (11).jpg


人が嫌いになるということは人生の終わりに近づいた証拠だろう。

01恵山岬温泉 (12).jpg





タグ:恵山
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

与那国島 海底遺跡? [旅行]

与那国島観光の最後は謎の海底遺跡見学だった。

高速半潜水艇に乗る。

12与那国島 (162).jpg


久部良港を出発し、日本最西端之地の高台を通過し、外海に出る。

12与那国島 (136).jpg


12与那国島 (139).jpg


12与那国島 (142).jpg


外海で波は荒い。おまけに船内は油の臭いが強い。気分が悪くなることは覚悟しておいた方がいい。添乗員から予め船酔い防止薬をのんでおいた方がいいと言われていたぐらいである。

肝心の海底遺跡だがはっきりとは見えない。船長が懸命に説明していたが、確認できなかった。

写真は撮ったが、見られるものは少ない。

12与那国島 (151).jpg


12与那国島 (153).jpg


12与那国島 (154).jpg


12与那国島 (158).jpg


12与那国島 (159).jpg


自分の結論を言えば、海底遺跡ではない。自然の浸食作用によるものだろう。

所在地がおかしすぎる。外海の崖地が続く場所にある。昔、海面が低かったにせよ、行くのは難しい。このあたりで宗教施設をつくるとすれば、崖の上につくる。崖の下にはつくらない。

海底遺跡かどうか結論が出ていないようだが、与那国島の貴重な観光資源なので曖昧にしてあると思う。

これで最南端・波照間島、最西端・与那国島観光を終えた。帰りは、与那国空港から那覇空港へ飛んだが、天候不良で2時間待った。予定していた羽田便には乗れず、次の便に乗った。離島旅行は天候次第のところがある。予定通り帰れるとは限らない。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

与那国島 久部良バリ [旅行]

与那国島の日本最西端之地を訪れたあと、久部良バリへ向う。付近は荒れた海岸で、ここに大きな岩の亀裂がある。

12与那国島 (106).jpg


12与那国島 (112).jpg


12与那国島 (117).jpg


この岩の裂け目が悲劇の舞台である。過酷な人頭税に悩んだ妊婦がここを飛んだという。落ちれば妊婦も胎児も死ぬ。

12与那国島 (110).jpg


12与那国島 (107).jpg


女性の観光客は、こんなとこ飛べない、と悲鳴を上げていた。自分のことのように思うのだろう。男の方が冷静だった。男女の反応の違いがある。

悲劇の地であるから地蔵菩薩が置かれていた。(もっとも与那国島に地蔵信仰があるのかどうかが不明。本土の人間が置いたものかもしれない。)

12与那国島 (128).jpg


ここから西に本土最西端之地にある灯台が見えた。(高台に立っている方である。)

12与那国島 (119).jpg







タグ:久部良バリ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

与那国島 日本国 最西端之地 [旅行]

ドクター・コトー診療所のセットを見たあと、いよいよ日本国最西端之地へ向う。

ただ地形的には先端は楕円状で見栄えがしない。岬のように突き出ていない。碑がなければ最西端だと分からなかっただろう。

12与那国島 (87).jpg


12与那国島 (89).jpg


これが日本国最西端之地である。

12与那国島 (99).jpg


12与那国島 (100).jpg


最西端の海を見る。

12与那国島 (97).jpg


12与那国島 (92).jpg


久部良港が近い。

12与那国島 (98).jpg


12与那国島 (103).jpg


12与那国島 (102).jpg


これで今回の旅行の目的だった日本の有人最南端之地と最西端之地を見ることができた。

それでは日本の最北端之地と最東端之地はどこかというと、北方領土問題が解決しないことには特定できない。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

与那国島 立神岩 ドクターコトー診療所 [旅行]

与那国島観光、東崎展望台から南へ、立神岩を見る。海辺近くの奇岩である。こういう岩はどこにでもあるから食傷気味である。私は、段々と旅行ズレを起こしている。新しいものはなく、どこかで見た風景のように思えた。

アッ、これはチン〇〇に似ていると思ったものだ。似ていると思わないか?

12与那国島 (47).jpg


12与那国島 (46).jpg


遠くに先ほどまでいた東崎の灯台が見えた。

12与那国島 (50).jpg


バスを移動させ、真上から見る地点まで行く。

12与那国島 (59).jpg


真上から見ると、マトモに見えた。

12与那国島 (60).jpg


片側は断崖だった。

12与那国島 (54).jpg


なおバスを西に走らせ、テレビ・ドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地を見学する。テレビ・ドラマのセットだが、リアルだった。

12与那国島 (86).jpg


12与那国島 (82).jpg


12与那国島 (75).jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。