So-net無料ブログ作成
検索選択

夕張 [旅行]

夕張駅に到着し、駅前レストランで昼食。どこへ何を見に行けばいいのだろうか? 観光案内所は無人である。レストランのオーナーに頼んでタクシーを呼んでもらった。あとはタクシー任せだが、観光できるところは少ないという。

夕張駅について言えば、元々は現在地にはなかった。北へ2キロほど上がったところにあったのを現在地に移した。金網で囲っただけような妙な駅になったのはそのためである。夕張で人が多く住むのは、夕張駅の一つ手前の鹿ノ谷駅あたりという。

夕張市の人口は、最盛期に12万人、今は9千人を割ってしまった。

タクシーの運転手の案内で行ったところが、「幸福の黄色いハンカチ 思い出広場」である。

04夕張 (21).JPG


04夕張 (22).JPG


04夕張 (23).JPG


雑草が生い茂るだけだが、かっては、ここは炭鉱労働者の住宅が立ち並んでいた。きれいに取り壊されてしまった。

一棟だけ残っている。映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地となったところである。

04夕張 (27).JPG


04夕張 (28).JPG


建物の中はご覧の通り。

04夕張 (30).JPG


04夕張 (35).JPG


昔懐かしい家の中。

04夕張 (33).JPG


あの黄色いハンカチがはためいている。

04夕張 (37).JPG


この草地を見るにつけ、かっての賑わいが想像できない。住んでいた人はどこへ行ったのか? 

04夕張 (26).JPG


夕張から都会に出て働き、何十年かぶりに故郷を見るために夕張へ来る人も多いそうだが、自分が住んでいたところが分からないという。今の夕張には炭鉱町の面影がまったくない。

もし丘の斜面に立ち並ぶ炭鉱労働者の住宅群が残っていたら、歴史的建造物になったのではないかと思うが、取り壊したものは戻らない。

タクシーの運転手さんに、ほかに見るところはないのかと催促して行ったところが、夕張鹿鳴館である。

かっての北炭倶楽部である。

04夕張 (50).JPG


04夕張 (54).JPG


管理している人が高齢になったためか、事業不振になったためかは分からないが、現在は閉鎖されていて中を見学することができない。

炭鉱の全盛期には、北炭が夕張の最高位にあったわけである。その権勢は、市役所から北炭に転職する人がいたという事実からも推測できる。

タクシーで夕張バスターミナルへ。ここから新札幌駅行きのバスに乗る。レストランの人に教えてもらった時刻に間に合ったからである。

バスターミナル。

04夕張 (65).JPG


周辺。

04夕張 (61).JPG


夕張へ行くには、札幌からの高速バスか、新札幌駅からのバスを利用するのが便利だ。


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夕張へ [旅行]

札幌の暑さと人混みにすっかり嫌気がさし、過疎地の夕張へ向った。

小樽に行った人もいたが、暑さと中国人の喧噪に参ってしまい、翌日は寝込んでしまった。暑いときには中国人の多いところへは行ってはいけない。何であんな甲高い声で喋りまくるのか。いい迷惑だ。)

夕張へ電車で行くには、千歳発10時38分の電車を利用する。これしかない。

千歳駅。もちろん1両編成の電車である。

04夕張 (3).JPG


04夕張 (2).JPG


新夕張駅までは石勝線を走る。特急の通過待ちの時間が長い。駅ごとにノンビリと止まる。

川端駅。運転手が暇そうにホームに立っていたので少し話す。言うところによれば、新夕張駅~夕張駅間は廃線になり、バス運転に変わるという。既にその準備に入っているという。

04夕張 (5).JPG


新夕張駅からは、特急の待ち合わせもなく、すんなり走った。

清水沢駅。

04夕張 (11).JPG


夕張駅。ここは改札がなかった。家の門と同じ形で、金網の隙間から出る。千歳駅からPASMOで乗ったのだから、どうなる?

結局、夕張駅で降りたという下車証明をもらう。あとはどこかの駅で精算してくれと言うこと。PASMOには乗車履歴が残るので、精算をサボるわけにはいかない。

帰りは、新札幌駅までのバスに乗車したので、新札幌駅で千歳駅~夕張駅間の精算を行う。駅の人もビックリして、料金を確認していた。こういうこともある!

04夕張 (13).JPG


駅前は…街区を形成していない。夕張市はどこにある?

04夕張 (19).JPG


04夕張 (17).JPG


04夕張 (18).JPG


駅の前にレースィリゾート・ホテルがある。巨大なホテルである。

04夕張 (15).JPG


あとで、ここは中国資本が買ったということを知る。新しいホテルを建てる予定もあるらしい。新千歳空港で降りた中国人観光客が夜ここに宿泊し、翌日旭川方面にむかうという。

しかし、何でここを買ったのか、不気味である。

駅のレストランで昼食をとる。昔の夕張の写真集を見る。炭鉱労働者の住宅や繁華街の風景は懐かしかった。自分が育った戦後の川崎の町並みを思い出したからである。
タグ:夕張
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中島公園 [旅行]

札幌中島公園を歩く。緑が新鮮だった。

01中島公園 (4).JPG


01中島公園 (7).JPG


01中島公園 (8).JPG


01中島公園 (9).JPG


01中島公園 (10).JPG


01中島公園 (14).JPG


01中島公園 (17).JPG


01中島公園 (20).JPG


01中島公園 (22).JPG


豊平館。

01中島公園 (27).JPG


今年の4月13日、季節外れの大雪が降る前に中島公園を歩いた。緑なく、枯れ木ばかりだった。3ヶ月前のことだ。

IMG_3579.JPG


IMG_3582.JPG


IMG_3595.JPG

タグ:中島公園
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旧本庁舎 [旅行]

札幌観光の定盤、北海道旧本庁舎へ行く。

02大通公園 (53).JPG


02大通公園 (54).JPG


02大通公園 (55).JPG


02大通公園 (57).JPG


02大通公園 (59).JPG


02大通公園 (62).JPG


02大通公園 (63).JPG


4月13日に旧本庁舎へ来たことがある。10時50分頃だった。突然雪が降り出した。あっという間に雪化粧になったことを覚えている。新千歳空港行きの電車に乗ったのが11時20分。そのときは既に札幌駅周辺は一面の銀世界だった。北海道の雪は積もるのが早い。

札幌は、今年の4月は季節外れの大雪に見舞われ、7月は20年ぶりの猛暑となった。

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

暑くてバテた札幌 [旅行]

先週は、涼をとりに札幌へ行った。しかし、札幌は暑かった。

7月10日。大通公園。気温32度。しかも蒸した。

02大通公園 (14).JPG


なんのために札幌へ来たのか…夏の北海道は旅費も高い。

02大通公園 (2).JPG


02大通公園 (3).JPG


今年の札幌は暑そうだ。避暑に行くなら、釧路・網走方面がいいだろう。内陸部は考えものだ。

02大通公園 (17).JPG

02大通公園 (18).JPG


02大通公園 (20).JPG


02大通公園 (21).JPG


02大通公園 (22).JPG


タグ:札幌
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

瀬棚~新函館北斗駅 [旅行]

12時5分、奥尻港を出発し、瀬棚港へ向う。フェリー船は、カランセ奥尻号で、江差港~奥尻港で乗船したものと同じである。最新鋭なので揺れは少ない。2等の指定席のチケットを求める。

新幹線のような座席。

IMG_2507.JPG


IMG_2508.JPG


船に弱い人は、こういう座席の方が揺れを感じなくて楽である。奥尻~瀬棚の指定席券は390円だった。

船は奥尻を離れた。行く手には北海道本島が見える。

IMG_2521.JPG


IMG_2523.JPG


IMG_2524.JPG


IMG_2525.JPG


フェリーは瀬棚港へ入る。

IMG_2531.JPG


IMG_2536.JPG


IMG_2538.JPG


瀬棚という町があることを全然知らなかった。フェリー港があるぐらいだから、そこそこの町だろうと言うことは見当がつく。瀬棚の周辺は、瀬棚平野と呼ばれる。海から奥に向い、平野が広がっている。街区を形成しているが港の周辺には施設らしいものは見当たらない。

IMG_2540.JPG


IMG_2541.JPG


IMG_2542.JPG


IMG_2543.JPG


IMG_2544.JPG


一般の人が、ここでフェリーを下りたとして、その後はどうしたらいいか? 長万部行きのバスが1本ある。フェリーの到着が13時40分、長万部行きのバスが14時19分。一日1本しかないので乗り遅れたら大変だ。一人の個人旅行客がバス停で立っていた。地方へ旅行すると、こういうことが多くなる。もっともそれが人の少ない地域を旅行する醍醐味とも言える。

瀬棚へのフェリーを利用したのは、そうしなければ、当日中に東京に戻れないからである。朝6時50分発の江差行きか、12時5分発の瀬棚行きでなければ、当日中に東京に戻れない。別のツアー団体は6時50分の江差行きに乗船した。

瀬棚は、日本初の女医である荻野吟子が診療所を開いた土地であるとガイドから説明を受けた。瀬棚港から瀬棚平野と通過し、峠を越えて、国縫ICに出る。ここから高速道に入った。

途中、八雲PAで休憩する。ここから噴火湾を眼下に見る。こういう景色が北海道である。

IMG_2561.JPG


IMG_2562.JPG


高速道は大沼公園までしかない。その先は一般道である。

函館北斗駅に着く。前に来たときは、ここは建設中だった。

IMG_2566.JPG


新幹線で東京駅まで4時間2分。17時21分~21時23分。横浜在住なので、札幌にせよ、函館にせよ、飛行機で行きたい。






 






































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































タグ:瀬棚
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥尻島 宮津弁天宮 [旅行]

奥尻島旅行の最後の観光場所は、宮津弁天宮だった。かっては奥尻島とは離れた島だった。その後の土地の隆起で繋がり、今では階段で歩いて行ける。

IMG_2481.JPG


行くにはV字型の階段を上り下りする。バスガイドが気をつけるようにと何度も言ったが、こういう階段はお寺や神社参りには付き物である。

IMG_2495.JPG


IMG_2494.JPG


社殿は朱塗りである。

IMG_2488.JPG


IMG_2487.JPG


IMG_2484.JPG


IMG_2485.JPG


額には、「中津島神社」とある。こう呼ばれていたようである。

弁天宮から島を見る。

IMG_2489.JPG


IMG_2486.JPG


こういう神社なので、神職さんはいず、氏子で管理しているのだろう。これが昔からの神社のあり方なのだ。

弁天宮の片側は漁港だった。

IMG_2492.JPG


反対側。

IMG_2482.JPG


宮津弁天宮から奥尻港へはバスで5分とかからない。12時5分発の瀬棚行きの便に乗るべく奥尻港へ向った。

IMG_2503.JPG


フェリーがやってくると、ウニマルくんが歓迎する。

IMG_2501.JPG


IMG_2502.JPG


フェリーで瀬棚港へ向う。宮津弁天宮の沖を通過する。

IMG_2510.JPG




タグ:宮津弁天宮
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥尻島 稲穂岬 賽の河原 [旅行]

奥尻島の南端の岬が青苗岬で、北端の岬が稲穂岬。覚えやすい。稲穂岬の先端は賽の河原と呼ばれる。

賽の河原と呼ばれるのは理解できる。何か、感ずるところがあった。人によってはパワースポットと呼ぶだろうが、霊の力を感じる場所である。恐山を思い起こした。

IMG_2451.JPG


当然、賽の河原にふさわしい卒塔婆・仏像がある。

IMG_2452.JPG


IMG_2453.JPG


IMG_2454.JPG


ここに来ると、石を積みたくなるのだろう。

IMG_2436.JPG


IMG_2437.JPG


IMG_2438.JPG


IMG_2443.JPG


IMG_2444.JPG


私も石を積んだ。

IMG_2445.JPG


IMG_2458.JPG


稲穂岬も津波の被害を受けた。今は土産物店しかない。

IMG_2467.JPG


IMG_2468.JPG


IMG_2469.JPG


IMG_2473.JPG


IMG_2459.JPG


IMG_2461.JPG


ここを訪れて奥尻島へ来て良かったと思った。感ずるところがあった。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥尻島 青苗岬 [雑感]

奥尻島・青苗岬へ行く。奥尻島というと、観光地と言うよりも、地震による被害で覚えている。

青苗岬は地震・津波による被害が最も大きかった地区である。奥尻島の南端である。

奥尻島に大きな被害を与えた北海道南西沖地震が起きたのは1993年7月12日である。今月の12日でちょうど25年が過ぎたばかりである。

この地震の記憶は印象度が弱まった。1995年に阪神淡路大震災、2011年に東日本大震災が起きたからである。特に2011年の大津波による被害が大きかったため、奥尻島の津波被害は忘れられつつある。

青苗岬の復興は終わっている。人家は高台に移動した。

今の青苗地区はこの通り。

IMG_2361.JPG


IMG_2362.JPG


IMG_2370.JPG


IMG_2375.JPG


IMG_2376.JPG


被害者を鎮魂する時空翔のモニュメントがある。

IMG_2357.JPG


IMG_2358.JPG


津波資料館。

IMG_2378.JPG


復興計画はなったが、何か、むなしさがつきまとう。奥尻島の人口は減少しつつある。地震時には約4700人だったが、現在は2800人程度。人の住まない復興計画とは何か? これは三陸にも言える。

青苗岬から宿泊する緑館まで。

途中、奇岩がある。これはナニかに似ています。

IMG_2387.JPG


緑館は北追岬近くにある。奥尻港とは神威山(標高584メートル)を間に反対側にある。ここは温泉が出る。島で唯一のまともなホテルで、あとは民宿である。

北追岬。遊歩道があるが歩かなかった。

IMG_2394.JPG


IMG_2399.JPG


IMG_2410.JPG


IMG_2411.JPG


ホテルの周辺にはワイナリーのほかにナニもない。

「ナニもないなぁ」といったら、バスガイドが「ナニかあると言いましたか」と言い返された。そういう場所です。

緑館は温泉がある。南西沖地震が起きたことでも分かるとおり、ここは火山帯がある。ここの火山帯は、鳥海山火山帯に属する。

北海道西部の昭和新山の火山帯は那須火山帯に属する。火山帯が異なる。

緑館の内部はそこそこ。安心して眠れる。ただメンテナンスが行き届いていないところもあり、室内プールは荒れていて使用不可能である。地方へ行くと、こういう温泉が目につく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥尻島 鍋釣岩etc [旅行]

カランセ奥尻号から下船して、すぐさま鍋釣岩に向かう。歩いても行ける距離である。

IMG_2330.JPG


IMG_2332.JPG


実は、この鍋釣岩は、平成5年の地震で一部破損した。1億円をかけて修復したという。

鍋釣岩からうにまる公園へ向かう。だだっ広い野っ原のように思えた。

これは何かなぁ、と思うようなモニュメント。

IMG_2345.JPG


夜はライトアップされるようで、夜に海から見たらどうなのか気になるところだ。しかし、誰がみるだろうか。

IMG_2341.JPG


公園は草が生い茂り始めていた。草刈りはまだなようである。草刈りしないと、夏休み頃は虫で長い時間はいられなくなると思う。

IMG_2344.JPG





IMG_2342.JPG
IMG_2337.JPG


港に戻り、寿司屋で昼食。当然のように海鮮丼だった。

食事後、周辺を散策する。このあたりが奥尻島の中心地である。街区を形成している。奥尻島の人口は2500人という。

IMG_2350.JPG
IMG_2351.JPG
IMG_2352.JPG
IMG_2353.JPG

タグ:奥尻島
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行