So-net無料ブログ作成

蔵王刈田嶺神社 [旅行]

遠刈田温泉に蔵王刈田嶺神社がある。神社仏閣が趣味なので、こういう場所は見逃せない。

遠刈田温泉湯之町 (37).jpg


遠刈田温泉湯之町 (42).jpg


今は神社だが、昔は権現だった。神仏習合の名残りがある。本殿の前には鐘堂がある。

遠刈田温泉湯之町 (41).jpg


遠刈田温泉湯之町 (40).jpg


拝殿。

遠刈田温泉湯之町 (38).jpg


朱印帳は用意していなかったので、御朱印市をもらう。

IMG_6632.jpg


syuinn.jpg


びっくりしたのは年月日である。一見して、全然わからない。

平成戊戌歳」とは何か? 干支であることは分るが。

以下、ネットで調べたものだ。

十干を算出する。西暦を10で割って余りを出す。2018÷10だから、余りは8である。8は「戊」である。

十二支を算出する。西暦を12で割る。2018÷12で余りは2。2は「戌」である。

つまり、2018年は「戊戌」である。

(初春月は1月のこと。拾睦日は16日。つまり、1月16日のこと。)

2018年1月16日の朱印である。

御朱印は多数集めたが、こういう日付の記憶はない。








共通テーマ:旅行

遠刈田温泉 松川サイクリングロード [旅行]

1月16日に遠刈田温泉の松川を歩いた。今週のこの寒さを考えると信じられないぐらいの暖かさだった。

ベンチで日向ぼっこが出来たぐらいだ。

IMG_6482.jpg


IMG_6483.jpg


IMG_6484.jpg


IMG_6486.jpg


IMG_6487.jpg


IMG_6492.jpg


IMG_6493.jpg


IMG_6494.jpg


IMG_6497.jpg


IMG_6498.jpg



共通テーマ:旅行

遠刈田温泉湯の町 [雑感]

遠刈田温泉に行くには、仙台発の高速バスが便利だ。1時間ほどで行ける。

1月中旬は湯治客も少ない。

雪国という先入観があり、ブーツを履いていったが、残雪がところどころに残っているぐらいだった。先週行ったのだが、町の人が、来週はふりますよ、と言っていた。云った通り、関東で積雪があったぐらいだから、今頃は雪に埋まっているかもしれない。

IMG_6476.jpg


IMG_6477.jpg


IMG_6478.jpg


IMG_6479.jpg


IMG_6480.jpg


IMG_6481.jpg


こけしの里である。橋にこけしが立っていた。

IMG_6485.jpg

タグ:遠刈田温泉

共通テーマ:旅行

白石城② [雑感]

白石城の不思議。徳川幕府は一国一城のお触れを出したが、なぜか、伊達藩には青葉城と白石城の二城を認めた。

白石城の城主は片倉小十郎だが、代々名前を引き継ぎ、明治維新に至る。

こういうことからみると、片倉家は伊達藩の家臣とは言うものの、実質は徳川家の家臣で、伊達家を監視するのが役目だったのではないだろうか。

仙台から江戸へ兵を進めるとすれば、白石城を通過しなければならない。ここで阻止する役目があったと思われる。

なお、明治維新の時は、この白石城で白石列藩会議が開かれている。これが奥羽越列藩同盟を結ぶきっかけとなった。これから考えても、幕府側にとっては重要な城だった。

白石城の天守閣に上がる。

IMG_6545.jpg


IMG_6554.jpg


天守閣。

IMG_6546.jpg


展望する。やはり、目立つのは蔵王連峰である。

IMG_6549.jpg


IMG_6547.jpg


IMG_6550.jpg


IMG_6551.jpg


IMG_6552.jpg


IMG_6553.jpg


天守閣の前は公園になっている。

IMG_6556.jpg




タグ:白石城

共通テーマ:旅行

白石城 [旅行]

白石城へ向う。

IMG_6534.jpg


IMG_6535.jpg


IMG_6536.jpg


白石城は明治に石垣の下部を除き取り壊された。

IMG_6537.jpg


現天守閣は平成7年に復元されたものだ。

IMG_6538.jpg


IMG_6539.jpg


大手三門。

IMG_6540.jpg


日本の名城100選には入っていない。続日本名城100選に選ばれた。年間7万人の観光客が訪れるという。

IMG_6541.jpg


IMG_6543.jpg


徳川時代に一国一城の制度ができたが、伊達藩に関しては、仙台青葉城とこの白石城の二つの城が認められた。

よくよく考えると不思議なことで、いろいろと考えてしまう。





タグ:白石城

共通テーマ:旅行

白石市 神明社 [旅行]

白石市、武家屋敷から白石城へと歩く。

白石城の旧二の丸跡地に神明社がある。多分、ここが白石市のもっとも格式のある神社だと思う。旅行に出れば、必ず、神社を訪れるのが私の習いである。

IMG_6562.jpg


IMG_6561.jpg


IMG_6557.jpg


旧二の丸跡地に建てられたことで分かるとおり、市街地にあった社殿が明治の大火で全焼した後、この地に再建されたものだ。

IMG_6558.jpg


IMG_6559.jpg


社殿は明治時代のものだ。

IMG_6560.jpg



タグ:神明社

共通テーマ:旅行

白石市 武家屋敷 [旅行]

白石城の北、沢端川沿いに武家屋敷がある。武家屋敷と言っても、規模は農家程度。

IMG_6582.jpg


IMG_6581.jpg


IMG_6580.jpg


IMG_6567.jpg


炭のにおいがして漂ってきた。囲炉裏で炭をたいていたのだ。これは懐かしいにおいだ。観光客用にたいていたのだろう。

IMG_6572.jpg


天井は真っ黒だ。

IMG_6577.jpg


室内は簡素なものだった。

IMG_6574.jpg


IMG_6575.jpg


IMG_6576.jpg


川辺に石段があった。洗濯用?

IMG_6568.jpg


IMG_6570.jpg


IMG_6571.jpg






共通テーマ:旅行

白石市 沢端川 [旅行]

白石市の沢端川。

水鳥が遊ぶ清流である。あとで市の人に聞いた話では、白石城には濠が泣く、川が濠の替わりをしていたという。この川も濠の役割をしていた。昔がどのような川だったかは知らないが、狭い川である。

IMG_6588.jpg


IMG_6587.jpg



IMG_6564.jpg


梅花藻が見えた。清流である証拠である。

IMG_6586.jpg


さかのぼり、武家屋敷に至る。

IMG_6584.jpg


IMG_6585.jpg



タグ:沢端川

共通テーマ:音楽

白石市 壽丸屋敷・蔵王酒造 [旅行]

白石駅の商店街の入口に寿丸屋敷がある。明治期に建てられた豪商の屋敷である。


IMG_6595.jpg


IMG_6594.jpg



IMG_6596.jpg


IMG_6597.jpg


IMG_6598.jpg


IMG_6599.jpg


壽丸屋敷から商店街を抜けると、蔵王酒造展示館がある。

IMG_6589.jpg


IMG_6590.jpg


IMG_6591.jpg


時代を感じさせる建造物はこれぐらいしかなかった。

共通テーマ:旅行

白石駅 [旅行]

白石駅は、東北本線の駅である。福島駅から北へ約35分ほどかかる。”こけし”の町である。町のイメージとしては城下町で、白石城が復元されている。

IMG_6601.jpg


IMG_6530.jpg


IMG_6605.jpg


白石市の人口は約3万5千人。合併時は4万6千人だったというから、かなりの減少である。人口が減るのを恐れている。市の人にきくと、妊婦を見るとホッとする、というから、人口減少に対する危機感は強い。

駅に高架の歩道橋があったので上ってみる。

IMG_6602.jpg


遠く、蔵王連峰が見える。雪は蔵王連峰で止まってしまい、白石市にはなかなか降らないようである。こういう山は、霊山となり崇められる。信仰の対象となる。蔵王権現である。

IMG_6604.jpg


駅舎。

IMG_6606.jpg


IMG_6607.jpg


駅前の交番。

IMG_6608.jpg


白石城方向へ町の中を歩く。

商店街。市の外部に白石バイパスができ、郊外店が立ち並んでいる。かっての中心商店街が寂れるのは、どの地方都市でも同じである。

IMG_6532.jpg


白石市役所。

IMG_6533.jpg


タグ:白石駅

共通テーマ:旅行