So-net無料ブログ作成
検索選択

神奈川フィル定期演奏会 [音楽]

神奈川フィルハーモニー管弦楽団のみなとみらい定期演奏会を聴く。指揮は、常任の川瀬賢太郎だった。

曲は、前半がエサ=ベッカ・サロネンの「フォーリン・ボディーズ」。後半はマーラーの交響曲第1番。

エサ=ベッカ・サロネンはフィルハーモニア管弦楽団の常任指揮者だとばかり思っていたら、もともとは作曲家らしい。「フォーリン・ボディーズ」は大編成のオケ用の曲で25分ほどかかった。

まぁ、つまり、現代音楽です。お付き合い程度ということで。大音響だったが、神奈川フィルは結構いけます。

目玉は、後半のマーラーの交響曲第1番で、この曲は拍手喝采間違いなしという終わり方をする。こんなことを言ってはコンサートにふさわしくないかもしれないが、溜飲が下がるというか、ともかく、スカッとする曲である。ストレス解消にもってこいだ。

神奈川フィルも素晴らしい演奏だった。先月の「魔笛」から考え直した。川瀬賢太郎の指揮はやや遅め、オケをたっぷり鳴らした。第2楽章の中間部で少しだれた感があるが、第4楽章で持ち直した。ゆっくり目の個所はもっと大きく振ってもいいと思うが、まだ34歳である。

神奈川フィルはどこか存在感がうすい。横浜が本拠のためと思う。東京に近すぎる。横浜のクラシック・フアンの目は東京に向いてしまう。みなとみらいホールには読響が名曲シリーズで毎月のようにやってくるし、新日本フィル、日本フィル、N響の演奏会もある。

東京との距離があれば、群馬交響楽団のように地域での存在感もあるだろうが、ともかく、横浜では東京に近すぎる。

今日のコンサートは9割ぐらい席が埋まっていた。これは立派である。演奏会のあとはロビーで乾杯式が開かれた。地元密着サービスの一環らしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神奈川県民ホール「魔笛」 [音楽]

「魔笛」のストーリーは分かりにくい。去年チェコ国立歌劇場の舞台を見たときは、何がどうなっているのか戸惑うことが多かった。モーツァルトの音楽まで注意が向かなかった。

今回は予め筋書きを読んでおいたが、それでもスンナリと頭に入らない。プログラムに記載された登場人物の相関図を眺めて初めて合点がいった。

3月19日。14時から、神奈川県民ホールでモーツァルトの「魔笛」を観る。今回の公演は、原語(ドイツ語)で上演されたが、日本語の(解説)ナレーションが入った。おまけに、モダンダンスパフォーマンスまで付加されていた。これは大成功と言っていい。何といっても、分かりやすい。

勅使川原三郎の演出はモダンでユニークだ。今回限りというのはもったいない。侍女が雪だるまみたいな恰好で登場したのには笑えたが。ゆるキャラ風ではありました。

指揮:川瀬賢太郎 (モーツァルトの音楽の美しさをよく表現していた。)

管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

演出・装置・照明・衣装:勅使川原三郎


ザラストロ:清水那由太 夜の女王:高橋維 タミーノ:金山京介 パミーナ:幸田浩子

パパゲーノ:宮本益光 パパゲーナ:醍醐園佳

ダンス&ナレーション:佐東利穂子 ダンス:東京バレエ団

佐東利穂子は、プロフィールを読むと、優秀なダンサーらしい。全然知らなかったです。「兵士の物語」のKAMIYAMAといい、知らなかった優秀な人を見るのはいい体験だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「兵士の物語」(ストラヴィンスキー) [音楽]

3月18日。東京文化会館小ホールで「兵士の物語」を観る。15時から1時間15分。

原作:シャルル・フェルディナン・ラミューズ

音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー

翻訳・脚色:安東伸元

語りとパントマイムと音楽の組み合わせ。

語り手:安東伸元(狂言方能楽師)

兵士の声:井上放雲(狂言方能楽師)

兵士:KAMIYAMA(パントマイム)

悪魔:ウベ・ワルター(パフォーマー)

演奏

荒井栄治(ヴァイオリン

黒木岩寿(コントラバス)

生方正好(クラリネット)

吉田將(ファゴット)

長谷川智之(トランペット)

倉田寛(トロンボーン)

高野和彦(打楽器)


ずいぶん不思議な組み合わせである。ストラヴィンスキーと能楽師が結びつかない。

ずっとずっと昔、この「兵士の物語」をラジオで聴いたとき、ずいぶん奇妙な音楽だと思った。奇妙さは、舞台で見るとさほどでもない。

物語は、未来が見える本を悪魔から買い、金も王女も手に入ったが、さらに欲望を膨らませたところで自滅する話だ。よくある話だ。

悪魔はメフィストフェレスなのだろうか?

教訓は簡単で、欲をかきすぎてはいけない。

……しかし、これがいかに難しいことか! 歳をとればとるほど、実感する。

KAMIYAMAのパントマイムが神業的で、これを見ているだけで時間があっという間に過ぎた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東フィル/アンドレア・バッティストーニ [音楽]

3月15日。14時から、アンドレア・バッティストーニ指揮=東京フィルハーモニーの演奏会を聴く。東京オペラシティで。平日の昼のコンサートだった。ほぼ満席。今のクラシックの客層は女性か、年金組だから、平日の昼間の方が都合がいい。年金組にとっては、夜のコンサートは体力的にきつい。

プログラム。

ヴェルディ 歌劇「運命の力」序曲 (約8分)

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(約46分)

(アンコール ドヴォルザークのスラブ舞曲第8番)

2曲合わせて1時間に満たないプログラム。アフタヌーン・コンサートだから、この程度がいいのかもしれない。(休憩&プレ・トークがあったので、終了したのは15時40分頃。)

アンドレア・バッティストーニはイタリア指揮界の若手三羽ガラスの一人という。若手三羽ガラスとはミケーレ・マリオッティ(1979年生)、ダニエーレ・ルイスティオーニ(1983年生)、アンドレア・バッティストーニ(1987年生)をいう。

先月、二期会の「トスカ」の公演を観たが、指揮したのがダニエーレ・ルスティオーニだった。その指揮ぶりが素晴らしく、じゃあ、残りの二人は?ということで、バッティストーニのチケットを急遽求めた。

ダニエーレ・ルスティオーニはイケメンでカッコいい。女性フアンが多いだろう。バッティストーニは小太りで、見た目は”野獣派”である。


ヴェルディとチャイコフスキーという風変わりな組み合わせの演奏会だったが、プレ・トークがあり、ヴェルディの歌劇「運命の力」はロシアの帝室歌劇場の依頼で作曲されたことと、「運命の力」「悲愴」とも運命をテーマにしている点が共通すると解説していた。

バッティストーニの指揮ぶりはダイナミックで、聴きようによっては”爆演”に近い。こういう思い切った指揮はなかなか聴けない。旋律を歌わせるところは思い切って歌わせる。イタリア人指揮者は人気があるが、なんといっても聴いていて楽しい。ネアカの演奏である。こういう演奏は一度聴くと癖になる。

とはいえ、東フィルがバッティストーニの意図したところを十全に表現しえたかというと疑問だ。

日本のオケは技術は高い。しかし、音が硬い。音を揃えることに心が向いてしまうからだ。これは国民性によるもので完全に解消することは不可能に近い。バッティストーニはもっと自由な演奏を引き出したいといっているが、成功する確率は低いと思う。

バッティストーニはアメリカのオケの方が向いている。シカゴ響で聴いてみたい。ともあれ、暫くは東フィルとのコンビである。幸いなことに、バッティストーニは東フィルの首席指揮者に就任しているので接する機会も多い。

次の演奏会が待ち遠しい。9月には演奏会形式でヴェルディの「オテロ」を演奏するが、これは聴きのがせないところだ。

現時点で判断すると、ダニエーレ・ルスティオーニの方が指揮が熟れていて洗練されている。才能は明らかで、第二のリッカルド・ムーティになるだろう。「蝶々夫人」「トスカ」を指揮しているので、次は「ラ・ボエーム」だろうか。

バッティストーニは来月「春の祭典」を振る。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新国立劇場『蝶々夫人』 [音楽]

2017年2月5日、新国立劇場でプッチーニの歌劇「蝶々夫人」を観る。

このオペラについては、なんといったらいいか。旋律は素晴らしいが、ストーリーは日本人なら受け入れがたいところだ。

最近の持病の偏頭痛はするし、第1幕だけで帰ってもいいかなと思った。ところが、第1幕のピンカートンと蝶々さんの二重唱がこの上なく甘美・陶酔的で、しかも延々と続く。これでのってしまって、第2幕はどうかと居続けた。(第2幕・第3幕は続けて上演された。)

第2幕・第3幕は、劇的だ。ドラマとしてもうまく出来ている。内容はともかくとして……。

フィリップ・オーギャンの指揮は切り込むが鋭く、抉るような演奏だった。オケも力演で素晴らしい迫力だった。正直、これには驚いた。

滅多に見られない極上の公演だったと思う。劇場を出たときには頭痛もなくなっていた。興奮した証である。

メモ。

指揮:フィリップ・オーギャン

管弦楽:東京交響楽団

演出:栗山民也

美術:島次郎(抽象的な舞台だった。照明効果が生きていた。)

衣装:前田富美子(センスのある和服美。ワダ・エミ風だったと思う。)

照明:勝柴次郎

ーー

蝶々夫人:安藤赴美子

ピンカートン:リッカルド・マッシ

シャープレス:甲斐栄次郎

スズキ:山下牧子

(エトセトラ)

ホール内で感動しても、外に出るとすぐ忘れてしまうこともあるが、これは後々まで残るものだった。

「蝶々夫人」というと、第1幕の2重唱が魅力的だが、通して観てみるとと、第2幕・第3幕のドラマが印象に残り、第1幕の甘美さが消えてしまう。こういうオペラだったのかと認識を改めた次第。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『ミサ・ソレムニス』 [音楽]

2017年2月3日。東京オペラシティ・コンサートホールで、ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を聴く。19時~20時半。

鈴木雅明指揮=バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏。

独唱。

アン=ヘレン・モーエン(ソプラノ)

ロクサーナ・コンスタンティネスク(アルト)

ジェイムズ・ギルクリスト(テノール)

ベンジャミン・ベヴァン(バス)


昨年聴いたバッハ・コレギウム・ジャパンの「メサイア」は気が乗らなかったので、今回もどうかと思っていた。

そもそも「ミサ・ソレムニス」のレコードをまともに聴いたことがない。今回は念のために”予習”しておいた。CDとDVDをそれぞれ2回ずつ聴いておいた。

予習はしたものの、歌詞でひっかかり、名曲とは思えなかった。どこがいいのか?

メンバー表によれば、オケが47人編成、合唱は31人であった。

冒頭から気合が入っていて、これはイケると感じた。特に第2部の「グローリア」は白熱した演奏で、思わず拍手したくなったぐらいだ。

次の「クレド」はフーガだが、ベートーヴェンを聴いている気がしない。バッハやヘンデルの曲と錯覚しそうだ。

「サンクトゥス/ベネディクトゥス」はヴァイオリンが美しく天国的だ。コンマスの寺神戸亮の独奏が蠱惑的だった。

ということで、今回は充実した演奏会だった。4月の「マタイ受難曲」も期待したい。(追記 マタイ受難曲は、体調不良で行けなかった。いずれ聴くチャンスがあるだろう。)

2月3日で、昼は節分の豆まき、夜はミサ曲。私ハドウナッテイルノダロウカ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

読響演奏会 2017.1.25 [音楽]

読響名曲シリーズ第600回演奏会を聴く。

<データ> 2017年1月25日19時より、サントリーホールにて。指揮は常任のカンブルラン。

曲目はフランス音楽特集で ①舞踏詩「ラ・ぺリ」(デュカス) ②「夜想曲」(ドビュッシー) ③ショーソンの交響曲。

デュカスの「ラ・ぺリ」は初めてで、印象派風に聴こえた。冒頭のファンファーレは有名らしい。次のドビュッシーと同じく、段々と気持ちが沈んでくる。こういう曲は演奏が終わっても拍手する気になれない。拍手しにくい曲って、やはり、あるんですよ。

逆に、拍手喝采したくなる曲がある。ベートーヴェンの第7交響曲が典型だ。ガツンと終わって、ウアッと拍手する。コンサートの楽しみって、これなんですがね。

ドビュッシーは損している。

読響の演奏は艶やかさが乏しく色気がない。(気が沈んだのでそう聞こえたのかも知れない。)

ショーソンの交響曲はデュカスやドビュッシーと異なり、後期ロマン派色が濃厚で、劇的である。19世紀後半のフランスの交響曲といえば、サン・サーンスの交響曲第3番、フランクの交響曲、それにこのショーソンの交響曲が代表的だ。

第1楽章、長い序奏が終わると、聴きなれた旋律が耳に入る。曲名は知らなくても、どこかで一度は聞いた旋律である。ラフマニノフ調の旋律も入り、ここは親しみやすい。第3楽章も聞き覚えのあるもので、劇的だ。

しかし、このショーソンの交響曲は余り演奏されないようである。昔、ポール・パレー=デトロイト響のLPで親しんだ。

読響の演奏は、9合目まで登り、頂上には届かなかった。あと、ちょっと、なんですが。この曲に関しては、N響の方が相性がいい気がする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年1月13日 日本フィル演奏会 [音楽]

2017年都民芸術フェスティバル参加公演で、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会を聴く。

19時から始まり、21時まで。場所は池袋東京芸術劇場。

指揮は角田鋼亮、ピアノは居福健太郎。

私は、クラシックの浦島太郎なので、この指揮者もピアニストも名前を聞いたことがなかったです。

曲目はポピュラー名曲を集めたもの。モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、それにベートーヴェンの第5交響曲「運命」。

角田鋼亮は大阪フィルの指揮者を務めているというから、上り坂の若手である。指揮ぶりはメリハリが効いていて面白い。眠気がおきない? 「運命」は盛り上げぶりが素晴らしかった。

居福健太郎のピアノは少し弱い気がした。第3楽章はもう少し強めに弾いてもらいたかった。第2楽章の木管との掛け合いは味があったが。

私の演奏会の感想は体調に現れる。頭痛を抱えて演奏会が始めり、スッキリしてホールを出た。よって、この演奏会は〇である。

(アンコール)

居福健太郎のアンコールはラフマニノフの前奏曲よりop23-6。

日フィルのアンコールは、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」より第1楽章。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東京交響楽団 ニューイヤーコンサート2017 [音楽]

東京交響楽団のニューイヤーコンサートみなとみらいホールで聴く。毎年恒例のコンサートである。指揮は秋山和慶。

プログラム。

①ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲」

②ショパン ピアノ協奏曲第1番 (ピアノ:小山実稚恵

ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

第9「合唱」で年を終え、「新世界より」で年が始まる。

ショパンのピアノ協奏曲第1番は、本来なら、中村紘子が演奏するはずだった。去年のコンサートも同じで、中村紘子は体調不良で弾けず、代わりに上原彩子がチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を弾いた。中村紘子は昨年夏に亡くなり、代役というのはおかしいが、音楽家のスケジュールは3年先ぐらいまで決まっているらしく、今年は小山実稚恵が登場した。

中村紘子のスケジュールは来年まで決まっていたらしい。来年の演奏曲目はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番である。途中で、東響の事務局長が登場して、来年も小山実稚恵が演奏すると発表した。

ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲は、出だしの音がまとまらない。オケがバラけている。どうなるのかと心配したが、徐々に調子が出てきて、最後は綺麗にまとめ上げられた。秋山和慶の指揮はゆったりとしていた。

秋山和慶の指揮は変わったのだろうか? 1960年代のデビュー当時は、トスカニーニばりの速いテンポとダイナミックの激しさが特徴だった。もう今年は76歳である。

ショパンのピアノ協奏曲第1番はオケは立派だったが、肝心のピアノに魅力を感じなかった。アンコールで弾いたショパンのピアノ協奏曲第2番第2楽章「ラルゲット」は良かったのだから、どうなっていたのだろう?

「新世界より」は聞きなれた曲で、今更の感があるが、秋山和慶は丁寧に指揮し、この曲の魅力を表現した。これは名演だった。

アンコールは恒例により「ラデツキー行進曲」だった。勢いのいい演奏だったが、新年を意識したものだろう。

ホールの外に出て、みなとみらいの人混みの中を歩くと、演奏会のことは忘れてしまった。ホールを出ても余韻が残る演奏会もあるが、今回はそうではなかった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2016年大晦日 コバケン ベートーヴェン全交響曲演奏会 [音楽]

2016年大晦日。東京文化会館でベートーヴェンの全交響曲演奏会を聴く。

指揮は小林研一郎、管弦楽は岩城宏之メモリアルオーケストラ

>IMG_0759.JPG
IMG_0766.JPG


13時に始まり、第9番「合唱」が終わったのは23時50分頃に終わったので、年越し演奏会ということではなかった。

昨年の大晦日は、モルゴーア・クァルテットのショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全曲を聴いたのだから、こういうのが好きなんだな、私は。音楽鑑賞という面からいうと、緊張感が持続するわけがないので、途中から何となく聞き流すということになる。演奏会としてはややおかしい。ギネスブックに記録されたいという動機と同じだろう。

13時に第1番の演奏が始まる。冒頭を聴いた時、これはイケると思った。岩城宏之メモリアル・オーケストラは厚みのある音を出す。コンサートマスターはNHK交響楽団のコンサートマスターの篠崎史紀である。優秀なメンバーを揃えている。

特徴としては、女性奏者が少なく、若手・中堅が主体だった。スタミナを考えれば、こういう選抜になるだろう。

コバケンの指揮は、たっぷりとしたものでテンポも遅め。今風の速めのスタイリッシュな演奏とは異なり、昔懐かしいベートーヴェンだった。こういう演奏スタイルは、オーケストラがよくないと腰折れしてしまうが、オケが優秀だったので全曲、重戦車のような響きを出して盛り上げた。

これでチケット代金が15000円とは安すぎる。先日、27日に聴いたブロムシュテット=N響のチケット代は17000円だったのだから。チケット代が安い理由は協賛企業が多数あったからで、普通に考えれば、4,5万円のチケット代になるはずである。

プログラムの進行表を記しておく。

第1番、第2番 13時~14時10分。

(休憩40分)

第3番 開始14時50分。開始時間はあらかじめ決められていて、前の曲の終了時間に影響されない。したがって、休憩30分という決め方はしていない。これは当然で、途中から聴く人もいるわけだから、開始時間が動いてはまずい。

ちなみに、この演奏会ではほとんどの人は最初から最後まで聴きとおした。

第3番「英雄」は有名だが、私はあまり好まない。聴くとすれば第1楽章だけ。第2楽章がだれて退屈するからだ。この日の演奏でも同じで、こちらがスタミナ切れで、ボンヤリと聴く羽目になった。

第4番との間に短い、20分程度の休憩があった。開始16時5分。

第4番はリズミカルな演奏が好きだが、コバケンはそうはいかない。重苦しい演奏になったと聴こえた。頭のボンヤリ状態は続く。

第4番の演奏終了後、企画者の三枝成彰の15分程度のトークがあった。その後に30分ぐらいの休憩があったのでコーヒーを飲んで気合を入れる。外を歩く。

東京文化会館の周辺はイルミネーションが輝いていた。

IMG_0772.JPG


イルミネーションの桜並木を歩く。

IMG_0774.JPG



第5番の開始が17時40分。第5、第6と連続して演奏された。曲が曲だけにボンヤリ状態を抜け出した。オケの音が見事だった。

コバケンの指揮は、時折、長い間合いを入れるのが特徴か。指揮ぶりはお世辞にも美しいとは言えない。正確なバトンテクニックとは程遠い。情緒的な指揮ぶりである。

19時過ぎに演奏が終わり、ここで夕食休憩になった。次の第7の開始は20時40分である。上野駅周辺の食事場所は大混雑する。予想していたことなので御徒町の店まで歩き夕食をとる。

20時頃のアメ横。さすがにこの時間になると人は少なくなった。

IMG_0776.JPG


IMG_0779.JPG


上野のネオンはまだ輝かしい。

IMG_0780.JPG


不忍池弁天堂。初詣前の静けさ。

IMG_0786.JPG


五條天神社。

IMG_0787.JPG


20時40分から第7番、第8番と連続演奏された。

第7番は好きな曲で、大体この曲の駄演を聴いたことがない。最後は興奮して終わる。逆にどうやったらダメな演奏になるかと考えてしまう。よっぽど、オケの呂律が回らなくなって音が乱れに乱れれば駄演になるのだろうが、プロのオケでは考えられない。

コバケンの演奏は恰幅のいいものだった。第8は水準作。

終了したのが21時50分。またまた50分の休憩だが、外を出歩く気にもなれず、椅子に座り込んでいた。

第9番「合唱」は22時40分スタート。演奏のボルテージが下がるのではないかと危惧したが、杞憂だった。市原愛(ソプラノ)山下牧子(アルト)笛田博昭(テノール)青戸知(バリトン)、武蔵野合唱団。テノールの声が朗々として印象的だった。合唱も優れていた。

演奏終了が23時50分頃。拍手している間に時間が過ぎたが、まだ0時前なのにコバケンは「あけましておめでとうございます」という。間違えたのだが、わざと言ったのかも。年明けの0時で散会。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感