So-net無料ブログ作成

12月8日 北とぴあ 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」 [音楽]

2017年12月8日、王子駅前の北とぴあ・さくらホールで、グルックの歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」を見る。バレエがあるので、セミ・ステージ形式ということになる。

指揮:寺神戸亮
管弦楽:レ・ボレアード

オルフェオ:マティアス・ヴィダル
エウリディーチェ:ストゥキン・エルベルス
アムール:鈴木美紀子

ダンス 振付:中原麻里 ラ・ダンス・コントラステ

オルフェオとはオルフェのことで、死んだ妻のエウリディーチェを冥界から連れ戻す途中、妻を見てしまったことで、エウリディーチェは死んでしまう。日本のイザナギ・イザナミの話と同じだ。オペラはハッピーエンドで終わる。

序曲を耳にした途端、アレッ、モーツァルト?と思ってしまった。第3幕の終わりも「フィガロ」を思い起こしたものである。実際は、順序が逆で、モーツァルトがグルックの影響を受けた。

違うところは、オペラが終わっても、延々とバレエが続くことである。演奏は、パリ版によっているのでバレエシーンが多い。

非常に親しみやすいオペラである。バロック時代のオペラに関心が深まった。有名なのはなんといっても「妖精の踊り」で、ピリオド系の演奏だったので違う曲のように聞こえた。他に第3幕のオルフェオが歌う「エウリディーチェを失って」はよく聞く曲である。メゾ・ソプラノのアグネス・パルツァの歌唱で知っていた。

北とぴあのさくらホールは座席数が1300で、この種のオペラを聴くには最適である。声も通りやすい。オルフェオを歌ったマティアス・ヴィダルはほぼ出ずっぱりだったが、素晴らしい歌唱だった。

高水準の演奏で、日本人奏者の実力を知ることができた。

(日本人が初めてうたったオペラが、このオペラである。1903年7月、東京音楽学校奏楽堂で歌われた。ピアノ伴奏だったそうである。主演者の一人が三浦環だった。日本のオペラ事始めの記念碑的作品である。)





共通テーマ:音楽

12月6日 新国立劇場 「ばらの騎士」 [音楽]

作曲:リヒャルト・シュトラウス
台本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール

完璧につくるのも考えものだ。

オペラを劇場の中で夢を紡ぐものというなら、この「ばらの騎士」ほど相応しいものはない。第3幕のドタバタ劇が終わると、至福の時がやってくる。

完璧に作曲したものだから、テレが出たのか、最後はからかうような終わり方をする。近代人の知性が邪魔をした。

指揮:ウルフ・シマー
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

このオペラはウィーン情緒が出ないと台無しだが、ウルフ・シマーの指揮は申し分がない。東フィルもよく応えていた。

元帥婦人:リカルダ・メルベート
オックス男爵:ユルゲン・リン
オクタヴィアン:ステファニー・アタナソフ
ゾフィー:コルダ・シュルツ
ファーニナル:クレメンス・ウンターライナー

歌手の出来栄えは凸凹があった。

(追記)

このオペラは、各幕とも”静-動ー静”で構成されている。前フリがあり、騒々しくなり、その後に静けさが訪れる。作劇術という点から考えても、非常に巧妙である。各幕とも、ヘソになる部分は最後にある。

第3幕は、三重唱+二重唱で感動を生み、第1幕は有名な元帥婦人のモノローグである。第2幕は騒動のもとになるオックス男爵の独唱である。ここは野暮なワルツが使われる。野暮なワルツだと思うが、妙に耳に残る。

第1幕で元帥婦人、第2幕でオックス男爵、第3幕でオクタヴィアンとゾフィーに光が当てられる。まんべんなく出番がまわるように配慮されている。

このオペラで一番出番が多いのがオクタヴィアンだが、案外、印象に残らない。ゾフィーも同じ。オクタヴィアン17歳、ゾフィー15歳である。はなたれ小僧とはなたれ娘の恋である。続かないよなぁ...元帥婦人にもわかっているが、抗しようがない。


タグ:バラの騎士

共通テーマ:音楽

11月30日 みなとみらい ダニエル・ハリトーノフ [音楽]

11月も最後の日、みなとみらい大ホールで、ダニエル・ハリトーノフのピアノ・リサイタルを聴いた。

”みなとみらいアフタヌーンコンサート”である。午後1時半に始まり、3時半頃に終わる。つまり、家庭の主婦の家事の邪魔にならない時間に開かれる。

大ホールで開かれたが、席はほぼ埋まっていた。客席は、当然のことながら、ほぼ女性で占められていた。9割ぐらいは女性だったのではないか。休憩時間中、男性トイレはガラガラだったから、男はほとんどいなかった。

ダニエル・ハリトーノフは今夏に一度聞いたことがあり、その時にマークしておいた。19歳のロシアの新進ピアニストである。背が高くほっそりしている。指が長く、バリバリ弾きまくる。客席の反応を見ても、超絶技巧を発揮する方が熱気が高まる。

日本で受ける男性ピアニストは、まず美青年でなければならない。主要客が女性だから。腕よりもヴィジュアル的要素が重要なのだ。

プログラムは有名曲ばかりで、これで3900円だから、お得感がある。

モーツァルト「幻想曲」
ベートーヴェン 「月光」「熱情」
ショパン 「バラード第1番」「ノクターン第2番」「即興曲第1番」「ノクターン第20番」「ポロネーズ第6番”英雄”」
リスト 「愛の夢第3番」「ハンガリー狂詩曲第2番」

(アンコール)ラフマニノフ「前奏曲”鐘”」ショパン「エチュード”大洋”」

盛り上がってきたのは、バリバリ弾くようになってから。つまり「月光」の第3楽章から。ピアノのソロ・リサイタルに大ホールがふさわしいのかどうか、疑問に思っている。ニュアンスがとんでしまうからだ。

客席はシラけることもなく、熱狂することもなく…家庭の主婦は忙しいからね。帰宅を急ぐ。

共通テーマ:音楽

11月26日 みなとみらい ジョルダン=ウィーン響 [音楽]

11月26日、午後3時から、みなとみらいホールでコンサートを聴く。

指揮:フィリップ・ジョルダン
管弦楽:ウィーン交響楽団

プログラム:

①ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」
②マーラー 交響曲第1番

(アンコール)ヨハン・シュトラウス二世のポルカ2曲。「トリッチ・トラッチ・ポルカ」と「雷鳴と稲妻」。(いずれ、ニュー・イヤー・コンサートを指揮するだろう。)

当初は行かないつもりだったが、指揮者のフィリップ・ジョルダンが2020年からウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任するというニュースを知り、好奇心から出かけたものである。キリル・ペトレンコの場合と同じだ。

客席はほぼ埋まっていた。私がチケットを買ったときは、ホールの両サイドは空席表示が目立ったが、ジョルダンに対する関心が強まり、その後に売れたのだろう。

フィリップ・ジョルダンは…ともかくも、イケメンである。女性の血が騒ぐだろう。筋肉質の体格でカッコいい。

プログラムは、終わりが派手な曲が2曲。海外演奏ということになると、こういう選曲になるらしい。

「運命」については、テンポ速く小気味が良かったが、ウィーン響の特質なのかどうか、音がまろやかで迫力が今ひとつ。コントラバスを正面後ろに配置していたので低音が響かない。ティンパニはほとんど聞こえなかった。

マーラーの交響曲第1番は、これは遅めの演奏だった。他の演奏では見逃してしまうところも聞き分けられた。マーラーの交響曲はやはりウィーンの音楽なのかという思いがした。全体、まろやかブレンドのマーラーであった。だれるところもあった。ジョルダンがフランス人だからか、やはり演奏は軽めである。

フィリップ・ジョルダンは、見た目はスポーツマン・タイプだが、音楽は柔軟である。目と耳では印象が異なる。

ジョルダンの振りは大きいが、ウィーン響は、我が道を行く感があり、全体ウィーン風というか、おっとりしていた。ききやすいが、スケール感が出なかった。

共通テーマ:音楽

19日 川崎ミューザ ロイヤル・コンセルトヘボウ [音楽]

11月19日。18時から、川崎ミューザで、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会を聴く。

指揮:ダニエレ・ガッティ

プログラム:

①ハイドン チェロ協奏曲 (チェロ:タチアナ・ヴァリシエヴァ)

②マーラー 交響曲第4番

客席は、予想した通り? サイド席は空白地帯だった。ほんとうに外国のオケの演奏会は空席が目立つ。(横浜、川崎では、そういうことだ。)来日するオケの数が多すぎることもあるし、チケット代も高すぎる。満席になるのはベルリン・フィルとウィーン・フィルぐらいか。

外国のオケ慣れしてしまったせいか、チケット代を考えると、日本のオケで十分かという気がする。私が外国オケの演奏会に出かけているのは、一度、知った名前のオケの実演をきいておきたいという好奇心のためである。

プログラムのハイドンのチェロ協奏曲は可もなし不可もなし。もともと弦楽器の協奏曲に弱く、期待していなかった。アンコールにバッハ無伴奏組曲第1番のプレリュードをひいたが、少し甘いのではないかと感じた。

結局、目玉はマーラーの交響曲第4番である。外国のオケが演奏するマーラーは第1番か第5番が多い。終わりが盛り上がるから、うけやすい。4番の場合は、終わりが問題で、どこで終わったか分かりにくい。CDできいても終わりが確認できない。

この終わりに関しては確認のためステージをよく見た。ハープがボロンボロンと弾き、コントラバスが弾く。そのあとオケの全員が凍り付いた。氷像のように動かない。随分長い時間が過ぎた気がするが、10秒か、15秒ぐらいだったのか。

こういう曲は拍手するのが億劫になる。

ガッティはイタリア人だけあって、第1楽章のはじめから歌いまくっていた。こういうマーラーはききやすい。”マーラー的惑乱”に悩まされずにすむ。第3楽章が白眉だったのではないか。

第4楽章はソプラノがオケの後ろで歌ったためか声が遠かった。

ロイヤル・コンセルトヘボウの音は艶やかで魅力的だった。

それでも、また聴くかというと、考えてしまう。

チケット代が…。20日のサントリーホールのチケット代は37000円~13000円。21日も同じ。ちなみに19日のミューザは30000円~9000円。サントリーホールは高い。21日のプログラムは19日と同じだから、ミューザで聴いた方が安上がりだったのだが。

チケット代からいうと、神奈川県は”ローカル”だ。


共通テーマ:音楽

18日 みなとみらい 神奈川フィル定期 [音楽]

11月18日、14時から、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会を聴く。

会場:みなとみらいホール
指揮:マックス・ポンマー
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

プログラム

①ヨハン・シュトラウス二世「皇帝円舞曲」
②シェーンベルク 「浄められた夜」
③メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」

神奈川フィルの定期演奏会はサポーターが多いので客席は埋まることが多い。やはり、横浜に住む者の郷土愛がある。

前半、ヨハン・シュトラウス二世とシェーンベルクが並べられているのは理解しがたかった。

解説を読むと、「皇帝円舞曲」は1889年の作品、「浄められた夜」は1899年の作品で、なんと10年しか間がない。歴史的に見れば、ハプスブルク帝国の末期の作品ということで共通しているのだ。曲想が違いすぎて気がつかなかった。

指揮者のマックス・ポンマーは、失礼ながら、まだ生きていたのかと思った。東ドイツ時代に活躍した指揮者は亡くなった人も多い。マズアやスウィトナーは亡くなっている。ケーゲルは自殺してしまった。

ポンマーは今年81歳になる。舞台に登場する姿はおぼつかない。指揮台まで歩けるのかと思ったぐらいだ。肥満体で足が短いから歩くのも難儀するらしい。直接指揮台に足を上げることができないので踏み台を使った。

音楽が始まればなんともなさそうだったが、たまに汗を拭いていた。

ポンマーの指揮は、古き良き時代を偲ばせるものだった。ゆったり目で柔らかい。こういう指揮は、やはり、心安らぐ。神奈川フィルがきちんとついて行ければ良かったのだろうが、時々バランスを崩した。スケールの大きさは感じられなかった。もっとも「スコットランド」が素晴らしい曲であることは確認できた。来月はデュトワ=N響の演奏が予定されている。

この演奏会では、弦楽だけの「浄められた夜」が一番良かったと思う。


共通テーマ:旅行

17日 N響定期「イワン雷帝」 [音楽]

11月17日、夜7時よりNHKホールでN響の定期演奏会を聴く。

指揮:トゥガン・ソヒエフ
管弦楽:NHK交響楽団

曲目:プロコフィエフ オラトリオ「イワン雷帝」 編曲:アブラム・スタセヴィチ

(メゾソプラノ)スヴェトラーナ・シーロヴァ (バリトン)アンドレイ・キマチ
 東京混声合唱団 東京少年少女合唱隊

語り:片山愛之助

客席は、中央は定期会員で埋まり、サイド席は空席が目立った。

片山愛之助の語りは日本語で、他は当然ながらロシア語。字幕付き。エイゼンシテインの「イワン雷帝」は歌舞伎の影響を受けたということで、歌舞伎役者の語りがよく似合う。

片山愛之助はイイ男だった。歌舞伎役者は動作も語りも型が決まっていて気持ちいい。藤原紀香の旦那さんですか。

このオラトリオはもともとは「イワン雷帝」の映画音楽として作曲されたものをスタセヴィチが編曲した。

映画「イワン雷帝」はセルゲイ・エイゼンシテイン監督の最後の作品である。全3部作のはずが第2部が当局の忌憚に触れ、結局上映されなかった。第3部は製作されず未完となった。第2部が上映されたのはスターリンの死後の1958年である。

昔、ビデオ化されたものを見たことがあるが、大見得を切るような演技が不自然だった。(記憶があやしいのでアマゾンでDVDを購入することにした。)

このオラトリオは初めて聞いたが、1時間20分、飽きることがない。親しみやすい音楽である。先日きいた「クレルヴォ交響曲」といい、知らない名曲があるものだ。

音楽は親しみやすいが、内容はロシア愛国主義が剥き出しで、今のロシアを念頭に置くと、怖いところがある。

トゥガン・ソヒエフの指揮は初めて聞いたが、オケのコントロールも上手で安心できる。北オセチア出身。紛争地域だった。学校占拠事件で人質330人が死んだことがある。音楽以外のことを考えてしまった。

独唱はあまり出番がない。特にバリトンは一カ所だけ。合唱が主体だが、やはり、弱いところがある。ロシアの合唱団を使って貰いたかった。低音部が響けば、もっと感動的になっただろう。


(追記)

「音楽の友」のコンサートガイドによると、ちょうど1年後の2018年11月13日に「イワン雷帝」のコンサートがある。

 テミルカーノフ=サンクトペテルブルク・フィルの組み合わせなので期待できる。合唱もロシアから連れてきてほしい。(当然、そうなるだろう。)



共通テーマ:音楽

16日 新国立劇場「椿姫」 [音楽]

11月16日。新国立劇場オペラハウスで「椿姫」をみる。

指揮:リッカルド・フリッツァ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

演出・衣装:ヴァンサン・ブサール

ヴィオレッタ:イリーナ・ルング
アルフレード:アントニオ・ポーリ
ジェルモン:ジョヴァンニ・メオーニ

新国立劇場は、初日、夜の公演である。あとは昼の公演となる。客席はほぼ埋まっていた。昼の公演の方があとに余裕があって便利だ。

実は「椿姫」には関心がなかった。何故見に行ったかというと、指揮者のリッカルド・フリッツァに関心があったからである。

新国立劇場の合唱指揮者は三澤洋史だが、「オペラ座のお仕事」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)というエッセーを書いている。オペラの舞台裏がわかる面白いエッセーだが、このエッセイの中で、フリッツァとの確執が記されている。(P.77~P.92。)ここは面白い箇所である。その主人公のフリッツァが指揮するということでチケットを購入した。

リッカルド・フリッツァと三澤洋史は当初は対立したが、その後は互いに認め合う関係になった。もちろん今回の上演でもカーテンコールで手を組んでいた。

ヴィオレッタ役のイリーナ・ルングは最初は調子が出ず、声が伸びなかった。どうなることかと心配したが、すぐに回復した。初日だから仕方ない。ジョヴァンニ・メオーニのジェルモンも堂々と歌っていたが、もう少しドスが欲しかった。

演出について。

この演出では、ヴィオレッタは死は明らかにされていない。「わたしは、生きかえるのよ」と手を上げたところで真っ暗になって幕が下りた。医師の「ご臨終だ」という歌詞がカットされている。

第3幕は、大きな丸い円で囲まれた舞台である。この円は、第1幕への前奏曲の間に映し出されたものと同じである。その円の中に墓銘が浮かび出る。

最初に墓銘が出るのだから、このオペラの演出は回想形式である。この墓に刻まれた女の過去を回想する形になっている。

第3幕はヴィオレッタだけに照明が当たり、アルフレードもジェルモンも網の中にいる。妙な演出だが、第3幕は、全体がヴィオレッタの妄想だと受け止めた。従って、アルフレードがやって来て愛を語り合うことはなかったし、ジェルモンが赦しを乞うこともなかった。みんな、死ぬ間際のヴィオレッタの妄想である。

プログラムを読めば演出の意図も解説されているだろうが、プログラムは買わないことにしている。舞台を見た限りでは、こういう解釈になった。



共通テーマ:音楽

11日 すみだトリフォニーホール 新日本フィル [音楽]

11月11日。1並びの日、中国では独身の日だとか。

すみだトリフォニーホールで新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会を聴く。

演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:上岡敏之
ピアノ:カティア・ブニアティシヴィリ

プログラム。

①ラフマニノフ 交響詩「死の島」
②チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
③レーガー ペックリンによる4つの音詩

(アンコール ピアノはドビュッシーの「月の光」とシューベルトの「セレナーデ」 オケはワーグナーの「ジークフリート葬送行進曲」)

座席はほぼ埋まっていた。プログラムの渋さから考えると、カティア・ブニアティシヴィリの人気によるものだろう。

このコンサートの目玉は、若手女流ピアニストのカティア・ブニアティシヴィリである。ジョージア(グルジア)生まれで今年30歳になる。

印象は--

①オッパイが大きい。
②投げキッスがうまい。

オペラ歌手風である。

演奏は、強弱激しく、ルバート多用。うまくいけばいいが、うまくなければ単なる気まぐれだ。この曲の演奏としては奇妙なものだった。自分の許容範囲を超える。アンコールは良かった。リサイタルでも派手な曲を並べていたが、資質と合っているのだろうか?

オケの曲は後期ロマン派の作品で死をイメージしたもので統一している。レーガーでは居眠りしたらしい。

共通テーマ:音楽

9日 ゲヴァントハウス管弦楽団演奏会 [音楽]

11月9日。みなとみらいホールでライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団演奏会を聴く。指揮はヘルベルト・ブロムシュテット。

プログラムは①ブラームスのヴァイオリン協奏曲(Vn:レオニダス・カヴァコス)②シューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」。(アンコール)バッハ無伴奏パルティータ第3番”サラバンド”。

ブラームスのヴァイオリン協奏曲は嫌いで、おまけにブロムシュテットの指揮も好みに合わない。行かないつもりだったが、ゲヴァントハウスの演奏がどういうものか知りたくなり、チケットを購入した。

最近の外国オケの例に漏れず、客席は空席が目立った。高めに見ても3分の2ぐらいだったか。

ブラームスのヴァイオリン協奏曲については何も言えない。前にも書いたが、ヴァイオリン協奏曲は苦手だ。休憩時間中CD販売コーナーに人が集まっていたのでカヴァコスの演奏は良かったのではないだろうか。アンコールをきいた限りでは5日のシャハムの方が魅力的だが、ホールの響きが違うので一概には言えない。

シューベルトは、良かった。ブロムシュテットの指揮ぶりは誠実正攻法な指揮である。某政党の謳い文句を借りれば「ブレない」演奏である。

リピートも楽譜通りに繰り返していたので、1時間超の演奏となった。ピリオド奏法も取り入れたいたと思う。

最初はネチネチした重さしか感じなかったが、ゲヴァントハウスの音には底力を感じた。こういう演奏は、ボディ・ブローのように効いてくる。段々と体の中に食い込んできた。最後はノックダウンしたが、熱狂的な拍手をする気力がなくなったことも事実である。

ブロムシュテットは今年は90歳である。矍鑠とした指揮ぶりには驚かされる。髪の毛も豊かだ。肉も魚も食べない菜食主義者として知られているが、菜食主義がいいのだろうか?

ゲヴァントハウス管弦楽団は来年2月からアンドリス・ネルソンスがカペル・マイスター(楽長)に就任する。9日はみなとみらいでゲヴァントハウス管、サントリー・ホールでネルソンス=ボストン響の演奏会が開かれた。東京で顔合わせしているだろう。次にゲヴァントハウス管弦楽団が来日するときはネルソンスが指揮するはずだが、どういう演奏になるのだろう?


共通テーマ:音楽