So-net無料ブログ作成

読響演奏会 2017.1.25 [音楽]

読響名曲シリーズ第600回演奏会を聴く。

<データ> 2017年1月25日19時より、サントリーホールにて。指揮は常任のカンブルラン。

曲目はフランス音楽特集で ①舞踏詩「ラ・ぺリ」(デュカス) ②「夜想曲」(ドビュッシー) ③ショーソンの交響曲。

デュカスの「ラ・ぺリ」は初めてで、印象派風に聴こえた。冒頭のファンファーレは有名らしい。次のドビュッシーと同じく、段々と気持ちが沈んでくる。こういう曲は演奏が終わっても拍手する気になれない。拍手しにくい曲って、やはり、あるんですよ。

逆に、拍手喝采したくなる曲がある。ベートーヴェンの第7交響曲が典型だ。ガツンと終わって、ウアッと拍手する。コンサートの楽しみって、これなんですがね。

ドビュッシーは損している。

読響の演奏は艶やかさが乏しく色気がない。(気が沈んだのでそう聞こえたのかも知れない。)

ショーソンの交響曲はデュカスやドビュッシーと異なり、後期ロマン派色が濃厚で、劇的である。19世紀後半のフランスの交響曲といえば、サン・サーンスの交響曲第3番、フランクの交響曲、それにこのショーソンの交響曲が代表的だ。

第1楽章、長い序奏が終わると、聴きなれた旋律が耳に入る。曲名は知らなくても、どこかで一度は聞いた旋律である。ラフマニノフ調の旋律も入り、ここは親しみやすい。第3楽章も聞き覚えのあるもので、劇的だ。

しかし、このショーソンの交響曲は余り演奏されないようである。昔、ポール・パレー=デトロイト響のLPで親しんだ。

読響の演奏は、9合目まで登り、頂上には届かなかった。あと、ちょっと、なんですが。この曲に関しては、N響の方が相性がいい気がする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年1月13日 日本フィル演奏会 [音楽]

2017年都民芸術フェスティバル参加公演で、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会を聴く。

19時から始まり、21時まで。場所は池袋の東京芸術劇場。

指揮は角田鋼亮、ピアノは居福健太郎。

私は、クラシックの浦島太郎なので、この指揮者もピアニストも名前を聞いたことがなかったです。

曲目はポピュラー名曲を集めたもの。モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、それにベートーヴェンの第5交響曲「運命」。

角田鋼亮は大阪フィルの指揮者を務めているというから、上り坂の若手である。指揮ぶりはメリハリが効いていて面白い。眠気がおきない? 「運命」は盛り上げぶりが素晴らしかった。

居福健太郎のピアノは少し弱い気がした。第3楽章はもう少し強めに弾いてもらいたかった。第2楽章の木管との掛け合いは味があったが。

私の演奏会の感想は体調に現れる。頭痛を抱えて演奏会が始めり、スッキリしてホールを出た。よって、この演奏会は〇である。

(アンコール)

居福健太郎のアンコールはラフマニノフの前奏曲よりop23-6。

日フィルのアンコールは、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」より第1楽章。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

穴八幡宮&放生寺 一陽来福 [雑感]

早稲田大学の前にある穴八幡宮を参拝する。

穴八幡宮とは珍しい社名だが、南裾の斜面を切り開いた時に横穴が見つかり、そこに金銅の御神像があったからだという。多分、これは本当だったのだろう。そうでないと、こういう珍しい社名にならない。それ以前は高田八幡宮と呼ばれていた。

冬至の日から節分までは、金銀融通に効のある「一陽来福」御守を授与するということで、参拝するなら今のうちである。

鳥居の入り口が狭い。何か、小さな神社のイメージだが、綺麗に塗られていて、すぐ金のことに頭がまわってしまうが、この神社は財力があるんでしょう。

IMG_0958.JPG


節分までは屋台が並んでいる。

IMG_0959.JPG


階段を上がる。

IMG_0960.JPG


屋台越しに神門が見える。立派なものである。お金もかかっただろうが、なんといっても金銀融通の神様です。

IMG_0961.JPG


拝殿。

IMG_0963.JPG


IMG_0971.JPG


ちなみに節分までは、御朱印なしである。書置きのものもないのだから珍しい。


穴八幡宮の隣に放生寺があり、神仏分離以前は一体だった。柵一つで隔てられているのは珍しい。神社が上で、お寺が下。こういう並びになる。

参道入口は別である。放生寺の参道。

IMG_0975.JPG


こちらを参拝する人は少ない。

IMG_0977.JPG


IMG_0982.JPG


放生寺は江戸三十三観音と御府内八十八か所霊場の札所である。普通なら、こちらの御朱印となるが、一陽来福の御朱印を所望すると、印判を押してもらえた。

IMG_1051.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京交響楽団 ニューイヤーコンサート2017 [音楽]

東京交響楽団のニューイヤーコンサートをみなとみらいホールで聴く。毎年恒例のコンサートである。指揮は秋山和慶。

プログラム。

①ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲」

②ショパン ピアノ協奏曲第1番 (ピアノ:小山実稚恵)

③ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

第9「合唱」で年を終え、「新世界より」で年が始まる。

ショパンのピアノ協奏曲第1番は、本来なら、中村紘子が演奏するはずだった。去年のコンサートも同じで、中村紘子は体調不良で弾けず、代わりに上原彩子がチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を弾いた。中村紘子は昨年夏に亡くなり、代役というのはおかしいが、音楽家のスケジュールは3年先ぐらいまで決まっているらしく、今年は小山実稚恵が登場した。

中村紘子のスケジュールは来年まで決まっていたらしい。来年の演奏曲目はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番である。途中で、東響の事務局長が登場して、来年も小山実稚恵が演奏すると発表した。

ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲は、出だしの音がまとまらない。オケがバラけている。どうなるのかと心配したが、徐々に調子が出てきて、最後は綺麗にまとめ上げられた。秋山和慶の指揮はゆったりとしていた。

秋山和慶の指揮は変わったのだろうか? 1960年代のデビュー当時は、トスカニーニばりの速いテンポとダイナミックの激しさが特徴だった。もう今年は76歳である。

ショパンのピアノ協奏曲第1番はオケは立派だったが、肝心のピアノに魅力を感じなかった。アンコールで弾いたショパンのピアノ協奏曲第2番第2楽章「ラルゲット」は良かったのだから、どうなっていたのだろう?

「新世界より」は聞きなれた曲で、今更の感があるが、秋山和慶は丁寧に指揮し、この曲の魅力を表現した。これは名演だった。

アンコールは恒例により「ラデツキー行進曲」だった。勢いのいい演奏だったが、新年を意識したものだろう。

ホールの外に出て、みなとみらいの人混みの中を歩くと、演奏会のことは忘れてしまった。ホールを出ても余韻が残る演奏会もあるが、今回はそうではなかった。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

穴守稲荷神社 [雑感]

2017年1月7日、穴守稲荷神社を参拝する。航空安全の神様だ。今年は飛行機に乗る機会もあるだろうということで御守を買い求めた。

京急線・穴守稲荷駅を出る。

IMG_0866.JPG

穴守稲荷神社の一の鳥居。

IMG_0872.JPG

拝殿です。

IMG_0877.JPG

IMG_0878.JPG

穴守稲荷神社はもともとは現在の羽田空港の敷地内に鎮座していた。1945年9月21日、GHQ、つまり進駐軍の命令により羽田空港を拡張することになり取り壊された。地元の有志が土地を寄進し、現在地に移転した。

穴守という名前の由来は、堤防に開いた穴からの浸水被害を守ることに由来する。

拝殿の右隣に奥宮がある。赤い鳥居をくぐっていく。こちらの方が、稲荷社らしく思われる。

IMG_0882.JPG

IMG_0883.JPG

IMG_0884.JPG

さぁて、今年も旅しよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

資産ゼロ [雑感]

参議院議員の資産が公開されたが、資産ゼロがいる。

我が神奈川県では、三原じゅん子が資産ゼロです。ふざけんなよ、と言いたい。

40代、50代で資産ゼロの人に投票したいと思うか? だいたい周辺にそういう人がいたら、どう思いますか?

いい加減な奴だよ。信用できないでしょ。

恒産なくして恒心なしという。

中年になればね、金のない奴は信用されない。

本来なら信用できないことを平然と公開する政治家はどうかしている。

金を貯められないような人間に政治は託せない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

固定資産税 評価減 [雑感]

どうしても、税金のことには無関心でいられない。仕事だったからね。

宇都宮地裁で、旅館の固定資産税の評価額を減額する判決が出た。

これは市町村にはショックだろう。もともと、固定資産税はパンドラの箱と言われてきた。固定資産税を賦課する基準となる評価の誤りが結構ある。

今回の判決は、観光客が減ったから、ということで減額を認めた。収益還元法で評価減としたものだが、これを適用すると、これからこういう事例が続出して、収拾がつかなくなることが予想される。

判決はただしいのかもしれないが、与える影響が大きすぎ、市町村の事務がパンクしてしまう。

市は高裁に控訴したというが、当然だろう。最高裁までいくだろう。問題は大きい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

杉山神社 初詣 [雑感]

1月2日。横浜地下鉄・センター北駅の杉山神社参拝。まだ初詣ということにしておく。

2日の午後でもまだ少しは行列ができていた。普段は無人で、駅のショッピング・モールと背後の団地の間に挟まれた、目立たない神社。

IMG_0832.JPG


IMG_0833.JPG


IMG_0831.JPG


IMG_0827.JPG


IMG_0834.JPG


ショッピング・モールは賑わっていた。私は……買うものがない。買っても仕方ない。身軽になりたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トランプ / マッカーシズム [雑感]

「トランプは世界をどう変えるか」を読む。話し手はエマニュエル・トッドと佐藤優。

佐藤優がトランプをマッカーシズムと関連付けているのが目を引く。こういう視点を持てるのは佐藤優ならでは、だろう。今のところ、一般的にはトランプ=ポピュリズムで留めておく論評がほとんどだ。その先まで踏み込んでいない。

トランプとジョゼフ・R・マッカーシーを結ぶつけるものは何か?

ロイ・コーンという人物である。父親の不動産会社で働いていたトランプに新たな道筋を示した男がロイ・コーンであった。

ところで、このロイ・コーンはマッカーシーが委員長を務めていた小委員会の主任顧問に任命され、次々と共産主義者と疑われた人間を聴聞した。マッカーシーの手足となって活動した人物である。

マッカーシーの失脚後、ニューヨークで弁護士活動をした。ここでトランプはロイ・コーンと出会う。

ロイ・コーンは裏の世界と表の世界の境界線上を渡り歩いた男のようである。ウィキペディアにも短いが略歴が紹介されている。70年代にトランプとマフィアのボスに出会い、悪名を高めたとある。トランプとマフィアのボスが並んでいるのが気になる。

ということで、トランプはマッカーシーの孫弟子ということになるのだろう。

1950年代前半のアメリカを覆ったマッカーシズムは、今では理解することが難しい。ましてや日本では。

ともかく、マッカーシーが紙を振り上げながら「国務省にはソ連のスパイがいる。その名前はここに書いてある」と演説したところからマッカーシー旋風は始まった。大騒動の始まりである。

ところが、振り上げた紙は白紙で何も書かれていなかったことが分かっている。それどころか、マッカーシーは国務省にソ連のスパイがいるということも全く信じていなかったらしい。

それでも狂騒状態を作り出した。

トランプの発言で世界は右往左往しているが、トランプの紙には何も書かれていないかもしれない。いずれ分かることだ。

私が編集者なら、マッカーシズムとロイ・コーンの伝記を企画出版したいところだ。ロイ・コーンの伝記は日本では皆無である。マッカーシズムについては岩波文庫にR・H・ロービアの批評があるが読みにくい。

新書版で分かりやすく書いてほしいところだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年初詣 [雑感]

2017年元旦。前日のベートーヴェン全交響曲演奏会が堪えたものか、朝は目覚ましで起きた。

上野に行く。午前9時15分頃。この時間はいわば初詣の空白の時間帯で、どの寺社比較的空いている。

東京文化会館には門松が置かれていた。

IMG_0802.JPG


桜並木には人影なし。この日のこの時間だけだろう、こういう状態になるのは。

IMG_0804.JPG


初詣は花園稲荷神社から。

IMG_0805.JPG


IMG_0807.JPG


稲荷社から階段を下りて、五條天神社へ。前日にあった茅の輪がなくなっていた。

IMG_0808.JPG


五條天神社から不忍池弁天堂へ。

IMG_0813.JPG


IMG_0812.JPG


谷中七福神の一つで準備は整っていた。

大黒天堂もお参りする。

IMG_0815.JPG


弁天堂から清水観音堂へ。

IMG_0819.JPG


西郷像は近くである。

IMG_0821.JPG


公園を下りてアメ横に入る。

IMG_0822.JPG


まだ営業前だったが、福袋の準備で忙しい店もあった。

IMG_0825.JPG



喫茶店で休憩したあと帰宅する。午後に入っていた。その後は疲れが出て4時間ほど居眠りした。これが元旦である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感