So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.09.25 「ファウストの劫罰」(ベルリオーズ) [音楽]

2016年9月25日。14時~16時45分。川崎ミューザでベルリオーズの「ファウストの劫罰」を聞く。

指揮:ユベール・スダーン 管弦楽:東京交響楽団

独唱。(ファウスト/テノール)マイケル・スパイアーズ (メフィストフェレス/バス)ミハイル・ペトレンコ(マルグリート/メゾ・ソプラノ)ソフィー・コッシュ (ブランデル/パス・バリトン)北川辰彦

合唱。東響コーラス(指揮:安藤常光) 東京少年少女合唱隊(指揮:長谷川久恵)

ホールや座席で聞こえる音が違ってくる。聞いた座席を明らかにしておく必要がありそうだ。川崎ミューザ2階の左側面の奥である。

所要経費は、8000円のチケット代+216円(イープラスの手数料)+108円(セブンイレブンの発券手数料)で総額8324円也。

ベルリオーズの「ファウストの劫罰」の演奏会は珍しいと思っていたが、今月は別のオケの演奏会も東京で行われたことを新聞記事で知った。

今週はタカーチ弦楽四重奏団の演奏会で無反応状態だったので、時間の無駄になるかもしれないと恐れていた。

最初の音を聞いた時、オケで良かった、というのが正直な気持ちだった。弦楽四重奏はハズれるとどうにもならない。

ファウストを歌うマイケル・スパイアーズの声を聞いたときはやや声が遠く感じられた。隣のタコ坊主みたいな歌手は腕組みして行儀がよろしくない。(ついでに言うと、外国人の独唱者は後半ではドリンクを足元に置いて歌っていた。日本人なら考えられないでしょ。)

この行儀の悪いタコ坊主が歌いだすと、これがすごい。声も重量感があり、節回しも抜群で、動作もオペラに出演しているように体を揺さぶる。行儀が悪くても結構、これだけ歌ってくれれば。このタコ坊主がミハイル・ペトレンコで世界的な人気歌手という。この歌声を聞けば納得できる。メフィストフェレスのような気持になっていたのかもしれない。

ついでにいうと、マルグリートを歌ったソフィー・コッシュの歌声も素晴らしいものだった。その分、ファウストの線が細くなったのが残念だ。

合唱の東響コーラスはアマチュアの合唱団で、やや平板に聞こえたのは仕方ない。

初めて聞く曲なのでスダーンの指揮を云々することができないが、有名曲の「ハンガリー行進曲」や「精霊の踊り」を聞いた分には手堅くまとめていた。

「ファウストの劫罰」の最後、エピローグを聞いているうちに非常な感動を覚えたが、この感動は以前に体験したものである。そう、マーラーの第8交響曲の終結部の与える感動と同じである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヤマハホール タカーチ弦楽四重奏団 [音楽]

2016年9月21日。19時~20時45分。タカーチ弦楽四重奏団の演奏会。

演奏会場は銀座7丁目のヤマハホール。ヤマハビルの7F~9Fがホールで、7Fはエントランスだから、ホールは8F,9Fである。

IMG_3710.JPG


ホールに上がるには狭いエレベーター2基を利用する。フロアはひどく狭い。帰りは一時に人が帰るのでどうなるのかと思ったが、非常用のエレベーターを(47人乗り)を使う。

IMG_3712.JPG


閉所恐怖症なので、こういうホールは落ち着かない。

プログラムは、オール・ベートーヴェン・プログラム。

①弦楽四重奏曲 第2番「挨拶」

②同 第11番「セリオーソ」

③同 第14番

この演奏会については何も書くことがない……。いつの間にか始まって、いつの間にか終わっていた。

何を聞いたのだろう……。

帰りに、コンサートよりは外出(旅)の方がいいかと考えた。気温は下がってきて旅行にふさわしい。プライベートな生活もやや落ち着いてきた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016.09.18 二期会「トリスタンとイゾルデ」 [雑感]

2016年9月18日。14時~19時。東京文化会館。二期会の「トリスタンとイゾルデ」(ワーグナー)を聞く。

指揮:ヘスス・ロペス=コボス。管弦楽:読売日本交響楽団。演出:ヴィリー・デッカー(ライプツィヒ歌劇場との提携公演で、その演出を日本に持ってきた。)

主な出演歌手 (トリスタン)ブライアン・レジスター (イゾルデ)横山恵子 (マルケ王)清水那湯太 (クルヴェナール)大沼徹 (ブランゲーネ)加納悦子 (メロート)今尾滋

とにもかくにもワーグナーです。自慢じゃないけど、一回もワーグナーのオペラ(楽劇)をまともに聞いたことがない。CDは管弦楽曲だけでおしまい。予習を兼ねて「トリスタンとイゾルデ」のCDを聞き始めたが、ウルサイだけで20分程度でやめてしまった。

最後まできちんと聞けるのかと心配だったが、居眠りすることもなく、全3幕を聞きとおした。

ワーグナーというと、重たい、長い、シンドイ。こういう先入観がある。今回の公演では予想したような躓きはなかったが、別の個所で引っかかってしまった。これだから実際に聞いてみないとわからない。

「トリスタンとイゾルデ」については中学生時代の思い出があり、ワーグナーのオペラ(楽劇)の中で最も聞きたいものだった。

中学生の時に、ハリウッド映画の「わが愛に終わりなし」が上映された。メトロポリタン歌劇場のプリマドンナだったマージョリー・ローレンスの伝記映画で、クライマックスにこの楽劇の「イゾルデ愛の死」が使われた。当時は血がたぎっていたから、うなされる様な感動を覚えた。

「わが愛に終わりなし」を見たのは渋谷の東急文化会館にあった東急名画座である。感動が大きかったので3回か4回見に行った。学校から帰ると、食事を済ませ、新丸子(当時は東横線の新丸子に住んでいた。)から渋谷へ行き、最終回の上映を見た。夜毎に映画館通いをしたわけだが、母は映画を見ることには寛容で、何も言わなかった。

その後、LPレコードを買えるようになってからワーグナーの管弦楽曲集を買った。トスカニーニ=NBC響の演奏だった。いつごろまで聞いたのかは覚えていない。就職して仕事に追われるようになると、自然とクラシックから遠のいた。

以上の思い出があるから「トリスタンとイゾルデ」を聞こうと思い立ったのだ。昔の思い出の復活である。

ヘスス・ロペス=コボスはラテン系の指揮者だから、重厚さとは無縁でメリハリが効いていた。これが最後まで聞けた理由かもしれない。終幕の盛り上げ方は優れていた。

歌手はボリューム感がないかもしれないと危惧していたが、杞憂だった。トリスタンを歌ったのは世界的なワーグナー・テノールのブライアン・レジスターだが、日本人歌手の声量も劣るところがなく、これには感心した。ともかく歌手は声量がなくてはどうにもならない。

第1幕が始まって30分ほどは面白いところがない。そもそもストーリーが理解しにくい。この楽劇は劇の途中から始まっている。30分ぐらいたつと、ステージの展開に乗れるようになった。第1幕はトリスタンの出番が少ない。第3幕は逆にイゾルデの出番が少ない。

第2幕は延々と「愛の二重唱」が続く。この楽劇のヘソは第2幕なのだろう。通常の演出ではトリスタンが重傷を負って第2幕が終了するらしいが、今回のヴィリー・デッカー演出ではイゾルデも自死を試みて幕が下りる。

第3幕には躓いた。重傷を負ったトリスタンの独唱が続くが、内容が理解しにくい。ワーグナー哲学とでもいうのか。昼の世界と夜の世界を対比している(ようだ)が、途中で理解するのを諦めた。最後は主要登場人物がバタバタと死に、シェイクスピアの悲劇を思い起こした。

三枝成彰のいうことには、オペラの傑作と凡作の分かれ目は、いかに登場人物が美しく悲しく死ぬか、という点にあるのだそうである。その視点からいっても、この楽劇は申し分がない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンナ・ヴィニツカヤ ピアノ・リサイタル [雑感]

みなとみらいクラシック・マチネを聞く。ピアノ独奏はアンナ・ヴィニツカヤ。

2016年9月16日。(第一部)12時10分~55分。(第二部)14時半~15時半。

プログラム。

(第一部)①子供の情景(シューマン) ②幻想曲集(ブラームス

(第二部)24の前奏曲(ショパン) 

(アンコール)ロマンス(ショスタコーヴィッチ)

第一部と第二部の間に90分以上の休憩があり、食事の割引券もある。第一部、第二部のチケットは別々で、各々1000円だが、通しだと1800円。ずいぶん安い。

開演時間は昼食を前提に設定されている。第一部の方が混んでいて、1階は満席で2階も埋まっていた。第二部は一階のみの利用。第一部を聞いて食事して帰った人もかなりいたのだろう。

演奏はショパンの方が良かった。集中力があった。

第一部は客席が落ち着かず、ザワザワしていたので、それが気になった。プログラムを見て、曲の内容を知ろうという人がかなりいたらしい。プログラムを開く音は気になる。落とす人もいる。

演奏が始まったら、曲の解説は読まないことにしている。解説通りに耳に入れても仕方ない。音楽は頭で聞くものじゃない。

解説を読みながら音楽を聞くのはおかしい。お受験じゃあるまいし。いつまでたっても受験勉強の癖がなおらないようである。

アンナ・ヴィニツカヤは優秀なピアニストであると思う。〇印をつけておこう。

アンコールはショスタコーヴィッチの「ロマンス」と館内に掲示されていたが、これはアレッ?ですよ。「馬あぶ」の中の一曲で、アンドレ・リュウの演奏でポピュラーになった。何度か聞いたが、こんな曲だったっけ? 普通はヴァイオリンで演奏されるがピアノで弾くとこんな感じになるのか、違う曲のように聞こえた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新日本フィル みなとみらい特別演奏会 [雑感]

2016年9月11日。日曜日。14時~16時。みなとみらいホールで新日本フィルハーモニー交響楽団の特別演奏会を聞く。昨晩は日フィルを聞いた。連チャンである。

指揮は音楽監督に就任したばかりの上岡敏之。

プログラムはリヒャルト・シュトラウス作品。

①「ツァラトゥストラはかく語りき」

②「英雄の生涯」(ヴァイオリン:崔文洙)

(アンコール 歌劇「サロメ」より”サロメの踊り”)

リヒャルト・シュトラウスの音楽はマーラーに比べると指揮しやすいように聞こえるが、違うようである。作曲家の三枝成彰は「シュトラウスの交響詩やオペラは、指揮者に高度の音楽性が要求される。なにしろ四小節ごとにテンポが変化していくので、振り方ひとつで空虚な音の洪水となり……」と書いている。

先月聞いたセバスティアン・ヴァイグレのリヒャルト・シュトラウスは定評があるというし、今日聞いた上岡敏之も評価が高い。

上岡敏之の指揮を見るのはもちろん初めてだ。席は1階の前列中央で真正面に指揮者を見た。最初の印象は芳しくない。愚連隊のあんちゃんが肩を揺さぶって指揮しているように見えた。どことなく不良っぽいのだ。

しかし、四角四面に指揮するよりはこの方がいいのかと思い直した。後半になり動きが大きくなると、若き日の小澤征爾を思い出した。記憶は薄れたが、デビューしたころの小澤征爾はこういう仕草だったはず。懐かしくなった。

演奏はどうしても先月聞いたヴァイグレ=読響と比較してしまう。音は読響の方がまとまっていたが、新日本フィルには荒削りの魅力がある。今日の演奏の方が堪能できた。

これからは上岡=新日本フィルの演奏会に出かける機会が多くなるだろう。期待できる。
タグ:上岡敏之
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016.09.10 日本フィル第320回横浜定期演奏会 [雑感]

日本フィルハーモニー交響楽団の横浜定期演奏会に行く。指揮:大井剛史

2016年9月10日。18時~20時35分。みなとみらいホール。

曲目。

メンデルスゾーン オラトリオ「エリヤ」

(ソプラノ)半田美和子 (アルト)手嶋眞佐子 (テノール)望月哲也 (バス)甲斐栄次郎

(合唱) 日本フィルハーモニー協会合唱団

自慢にもならないが、オラトリオをまともに聞いたのはこれが初めて。CDでもたぶん、聞いていない。(記憶にない。)

聞いた感じは……やはり宗教曲だな、ということ。ミサ曲とどう違うの? 頼りないですなぁ。

バッハとどう違うのか? モーツァルトのミサ曲とどう違うのか? おんなじように聞こえる。美しい曲であることは聞き分けられた。

約130分。途中、15分の休憩あり。トイレは大行列で、用を足せない人もいたみたい。途中で席を立つ人もいたね。

最後は頭の中がぼんやりして、腰が痛んだ。来週はワーグナーを聞きに行くが大丈夫なのか心配になった。

演奏については初めて聞く曲なので誤解している面もあるかもしれないが、優等生的な演奏だった。端正で破綻なく演奏されていたが、それ以上の訴える力はなかった。こじんまりとまとまっていた。

日本フィルハーモニー合唱団は市民の合唱団だ。お年を召した人も多く、杖を突いてステージに出てきた人もいたな。やっぱり声が薄い。平板だ。もっと肉感的な響きが欲しかった。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

N響 マーラー第8交響曲演奏会 [雑感]

マーラーの第8交響曲演奏会に出かける。通称は「千人の交響曲」。今年になって3回聞いたことになります。

2016年9月8日。19時~20時半。NHKホール。

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ。管弦楽:NHK交響楽団。

独唱:(ソプラノ)エリン・ウォール、アンジェラ・ミード、クラウディア・ボイル 
(アルト)カタリーナ・ダライマン、アンネリー・ベーボ。
(テノール)ミヒャエル・シャーデ
(バリトン)ミヒャエル・ナジ
(バス)アイン・アンガー

合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮/冨平恭平)
   栗友会合唱団(合唱指揮/栗山文昭)

児童合唱:NHK東京児童合唱団(合唱指揮/金田典子)

ヤルヴィ=N響だから期待していたが、席が悪かったとしかいいようがない。2階席の後方でステージは良く見えたが、3階席の真下。間抜けな音になるかと危惧した。

冒頭の音を聞いて、これはダメだとあきらめた。諦めが肝心。金管はSPレコードのように聞こえ、木管は萎びて聞こえる。ティンパーは全然鳴らず。

これじゃ、千人だろうが、百人だろうが、変わらんだろうね。(実際はオケが110人程度? 合唱は320+αといったところだ。合唱団が舞台の袖から出てきたときに勘定した。暇人のやることはこんなもの。160人は超えていた。右側のステージの袖でこれだから、2倍すると、320+αだ。)

他の席の人が羨ましかった。演奏が終わると、盛大な拍手だったが、こちらは蚊帳の外だ。

テレビカメラが見えたので、11月ごろには放送されるだろう。それを見てから判断しよう。

サントリーホールで聞きたかった。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感