So-net無料ブログ作成
検索選択

5.28 庄司紗矢香 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル [雑感]

2016年5月28日。15時~17時。庄司紗矢香の無伴奏ヴァイオリンリサイタルを聞く。ホールは神奈川県立音楽堂。

プログラム。

①(J.S.バッハ)幻想曲とフーガ <ジャン=フレデリック・ヌーブルジュ編>

②(B.バルトーク)無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

③(細川俊夫)ヴァイオリン独奏のための「エクスタシス」 日本初演。委嘱作品。

④(J.S.バッハ)無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番

ま、プログラムを書いているだけでアタマが痛くなります。この演奏会のチケットを購入したのには訳がある。

クラシック好きの人に、いつ死ぬか分からんから今年はコンサート通いすると宣言していた。その人に庄司紗矢香の演奏会があるとこの演奏会のチラシを見せた。

その人いわく、いつ死ぬか分からないのなら、一度、庄司紗矢香の演奏会を体験しておいた方がいい、世界でもトップクラスのヴァオリニストなのだからと言われた。

それもそうだなぁ……ということでチケットを購入した。購入して、半分は後悔した。プログラムがプログラムだから。

26日に楽しい「メリー・ウィドウ」公演を見、29日は恐ろしい無伴奏ヴァイオリン・リサイタルである。天国から地獄へ落ちるような気分になった。

私の演奏会の是非の判断は簡単だ。血流が良くなればOK。体がほてるか否かによる原始的判断方である。

で、結局、庄司紗矢香の演奏会の演奏会はどうだったのかというと、途中までは全然ダメ。ところが、バルトークの無伴奏ヴァイオリン・ソナタの第3楽章から反応し始めた。バルトークにこんな作品があるとは知らなかったが、第3楽章のアダージョで感ずるところがあった。

ヴァイオリン・リサイタルなど避けてきたので庄司紗矢香の演奏の特徴を云々する資格はないが、弱音は素晴らしい。一弓入魂のように聞こえた。

細川俊夫の作品も弱音が素晴らしい。超絶技巧を要するような部分もあり知らず知らずのうちに緊張して聞いた。

最後のバッハのパルティ―タは楽に聞けた。我ながら驚いた。無伴奏ヴァイオリンの壁を取り払ったというべきなのだろう。これだから実演は素晴らしい。

血流が良くなったので今日の演奏会は◎。

(追記)

この庄司紗矢香の無伴奏ヴァイオリン・リサイタルは各地で8回行われる。今日の神奈川県立音楽堂の演奏会は3回目。第1回目が北海道の美深町文化会館というのは驚き。こういっちゃなんだが、ど田舎でしょ。名寄市の北にある町で、北海道三十三観音巡りで立ち寄ったことがある。

これからの予定を見ると、松江でもリサイタルを開く。最後が東京の紀尾井ホールで、チケットは学生席を除いて完売している。チケット代金はS席が12000円、A席が9000円。今日の神奈川県立音楽堂は、全席均一の6000円だった。半額だね。それでも空席が少しあった。
タグ:庄司紗矢香
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィーン・フォルクスオパー「メリー・ウィドウ」 [雑感]

ウィーン・フォルクスオパー公演「メリーウィドウ」。5月27日。東京文化会館。18時半~21時15分。

ビスタサイズだな……。

なんのことか言うと、舞台の大きさ。文化会館のステージは横長である。オペラ公演には不都合だ。左右と上をを暗幕で区切り、四角い舞台にする。

ウィーン・フォルクスオパーの「チャルダーシュの女王」と「こうもり」は縦長で、昔の4:3の映画サイズの舞台だった。

今日も同サイズかと思ったら、ビスタサイズで、やや横長。

舞台のサイズはともかくとして、変わっていたのは、第1部、第2部と分けていたこと。エエッ?と思いましたよ。

「メリー・ウィドウ」は全3幕のオペレッタである。これを半々に区切る。第2幕の途中で休憩がある。どこで区切るのかな、と興味が起きた。

第2幕の男たちの七重唱「女というものは各人各様」で第1部は終わった。第2部は女たちの歌う「男というものは……」で始まる。同じメロディーで、本来は対になっているんだが。

夜の公演はこういう次第だったが、昼の公演(28日、29日)も同じなのかと気になる。昼なら、遅くなってもかまわないはずだが。

舞台のセットは第1幕~3幕を通して同じ。小道具は目の前で出演者が移動させていた。衣装は第1部は同じで、第2部の第3幕部分は衣装替えあり。第3幕前に間奏曲あり。

「メリー・ウィドウ」はオペレッタの人気曲だから、舞台についてはいうことはない。「こうもり」は快活だったが、「メリー・ウィドウ」は甘美この上なく陶酔的である。一幕の夢を奏でる。ホールの中で酔うものらしい。

文化会館の外に出ると、すぐ忘れてしまったのはどういうことか。頭の中に流れる曲は「こうもり」のメロディーだった。帰宅するまで同じだった。

(データ)

指揮:アルフレート・エシュヴェ

演出・美術:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ

ハンナ・グラヴァリ:ウルズラ・プフィッツナー

ダニロ:マティアス・ハウスマン

ヴァランシエンヌ:ユリア・コッチー

ロシヨン:ヴィンセント・シルマッハー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カメラータ・シュルツ・ウィーン コンサート [雑感]

5月22日。カメラータ・シュルツ・ウィーンのコンサート。18日、みなとみらいホールでモーツァルトの38,40,41番の交響曲をきいたが、22日は東京オペラシティ・コンサートホールでの演奏会である。

東京オペラシティ・コンサートホールの音響効果を知りたくて出かけたものである。2階中央の当日券を購入した。

プログラム。オール・モーツァルトで、①交響曲第40番、②ヴァイオリン協奏曲第5番、③クラリネット協奏曲。

①交響曲第40番はみなとみらいホールと共通である。これを聞くと、東京オペラシティ・コンサートホールの方が臨場感がある。細部までよくききとれる、オケのアラも目立った。これをきくと、日本のオケもいい線を行っていると思う。

②ヴァイオリン協奏曲第5番。独奏:郷古廉(ごうこ・すなお)。第2楽章と第3楽章で2回居眠りしたので何も言えない。居眠りできるようになったのだから、コンサートにも慣れた証明になる?
 
郷古のアンコールは「アルハンブラの思い出」。

③クラリネット協奏曲。独奏:アンドレアス・オッテンザマー。長身、イケメン。メリハリ聞かせて快く演奏していた。ステージを見ていると、クラリネットとオケのかけあいがよくわかる。これが協奏曲。CDではわからないことである。テレビでもわからない。やはりステージ全体を見ないと。

数年前、同期会で、葬式の時に流してもらいたい音楽話題になったことがある。私は、モーツァルトのクラリネット協奏曲の第2楽章を選んだ。私にとってはそういう曲である。

アンコールはヴェイネルの「2つの楽章」。ハンガリーのダンス曲。超絶技巧の曲。

オケのアンコールはみなとみらいホールと同じで「ラデツキー行進曲」だった。

京王新線の初台から新宿に戻る。大混雑は変わらず、いつもと違うのは警官の姿が多いことだ。サミット週間なので警戒が厳しくなっている。

25日~27日は駅のロッカーは使用できないとのこと。今週は人が多いところは行かないほうが無難だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィーン・フォルクスオーパー「こうもり」 [雑感]

5月21日。ウィーン・フォルクスオーパー日本公演「こうもり」を見る。東京文化会館、14時~17時半。

「こうもり」はヨハン・シュトラウス二世の代表作なのでいまさら言うことはない。ステージを見たのは初めてで、アッという間に時間が過ぎた。

最後まで見ると、野暮かもしれないが、この喜歌劇のストーリーは辻褄が合っているのかと疑問に思ってしまう。最後のセリフ通り「みんなシャンパンのせい」ということにしておこう。

音楽的には第1幕、第2幕が素晴らしく、第3幕はドタバタ劇の部分が多い。ゲルマン民族のユーモアは泥臭いので何度も見る気になれない。メルケル首相のユーモアなんか考えられないだろ。

通して見れば、この喜歌劇のキモは第2幕でファルケが「我々は皆、兄弟姉妹になろうではないか」と歌うところ以後ワルツの終幕まで。

ここは何度でも聞きたいところだ。帰宅してからDVD(カール・ベーム指揮ウィーン・フィルのもの。)を見た。

指揮はゲートリット・プリースニッツ。

アイゼンシュタインがイェルク・シュナイダー。(最近久しく見ないビール腹だった。)

ロザリンデがメルバ・ラモス。(非欧州系?)

ファルケがダニエル・オチョア。(非欧州系?)

アデーレがベアーテ・リッター。

オルロフスキー侯爵が、マルティナ・ミケリック。背が高く抜群のスタイルで冷たい容貌。女王様タイプ。M男向き?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カメラータ・シュルツ・ウィーン演奏会 [雑感]

2016年5月18日。カメラータ・シュルツ・ウィーンの演奏会を聞く。みなとみらい大ホール。13時半~15時半。
平日の昼間だったがほぼ満席で驚いた。

曲目は、モーツァルトの交響曲第38番、第40番、第41番の3曲。

写真を見ると、楽団員は19名ぐらいしか勘定できないが、今日は31名だった。編成を大きくしたらしい。

最初の38番がもっとも編成が大きく、弦は第1Vn(6)第2Vn(5)ヴィオラ(4)チェロ(3)コントラバス(2)で、管はフルート(2)オーボエ(2)ファゴット(2)ホルン(4).これにティンパニーがある。

指揮はエマニュエル・シュルツ。

第38番。全体、おとなしい。優等生的で破綻がない。小粒。…こんなところ。のれず。

第40番の前に指揮者のシュルツのかなり長い説明があったが、英語が理解できず。分かったのは、40番には二つのバージョンがあり、初稿ではクラリネットがないこと。改訂版でクラリネットが追加されたのである。今日の演奏は初稿版でクラリネットなしということだ。

第38番でもクラリネットはなく、第41番でもクラリネットはない。今日はクラリネット奏者は出番がなかったことになる。

第40番はテンポが速めでキビキビ演奏していた。

ここで休憩。

最後が41番。これは案外と良かった。案外と云ってはなんだが、演奏スタイルやオケの音にこちらの耳が馴染んだらしい。第4楽章のコーダはさすがに苦しかったが、小編成では仕方がない。

アンコールの前にまた指揮者の説明があったが、全然理解できなかった。通訳が必要だ。

アンコールは「ラデツキー行進曲」(ヨハン・シュトラウス一世)。ウィーンの楽団ということでこの選曲なったのだろう。手拍子で盛り上げて演奏会は終了した。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エレーヌ・グリモー ピアノ・リサイタル [雑感]

エレーヌ・グリモーのピアノ・リサイタルを聞く。

2016年5月16日。東京オペラシティ・コンサートホール。19時~21時。

エレーヌ・グリモーはチラシの写真を見るとファッションモデル並みの美貌である。クラシック通に言わせると、こういう写真は3割引きで見た方がいいそうである。見合い写真と同じで割り引いて考えておいた方が失望しないのだそうである。

容貌は結構な美人ピアニストに見えたが、動作が何か落ち着かない。神経質なタイプなのだろう。お辞儀もおどおどした感じがした。

演奏曲目。前半は最新のCDアルバムから。「ウォーター」という。水にちなんだ曲を録音した。

プログラム通りではなく、前半は演奏順序を変えていた。

①ベリオ「水のクラヴィア」 ②武満徹「雨の樹・素描Ⅱ」 ③フォーレ「舟歌第5番」 ④ラヴェル「水の戯れ」 ➄アルベニス「アルメリーア」 ⑥リスト「エステ荘の噴水」 ⑦ヤナーチェック「アンダンテ」 ⑧ドビュッシー「沈める寺」

知らない曲が多い。最初のベリオの曲は全然知らない。いつまでたっても終わらないので、どうなっている?と思っていたら、曲想が最初とは違ってきている。あ、これは間合いなしで8曲を連続演奏しているのかと気が付いた。間の抜けた話だが、途中で気が付いた。こういうことは最初にアナウンスしてもらいたかった。それを知っていたら、それなりの心構えができていたと思う。

後半は、ブラームスのピアノ・ソナタ第2番。一言で云えば、全然受け付けられなかった。耳が痛くなっただけ。  ま、こういうこともあるさ。というか、こういうことが多い。しょうがない。

アンコールは3曲。アンコールの3曲が一番良かったが、曲名が分からない。普通ならロビーのボードにアンコール曲名を書いてあるのだが、それがなかった。

ひょっとしたら、即興的にアンコール曲を決めたのかもしれない。

曲名はわからないが、1曲目はリスト風、2曲目はドビュッシー風。3曲目はショパン風というのか夜想曲風だった。そのように感じた。

(追記)コメントあり。1曲目、2曲目はラフマニノフの「音の絵」から。第3曲目はショパン。こういうことです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィーン・フォルクスオーパー「チャルダーシュの女王」 [雑感]

ウィーン・フォルクスオーパーが来日した。エメリッヒ・カールマンの「チャルダーシュの女王」をききに行く。ホールは上野の東京文化会館。何年ぶりか? ひょっとしたら50年ぶり? あれからこんなに年月が経ったのかと思う。学生時代に聞きに行ったのだから。

東京文化会館は日本で初めて建てられたコンサートホールである。完成した時は、やっと専門のコンサートホールができたのかと思ったものだ。

IMG_2197.JPG


IMG_2199.JPG


それが今ではコンサートホール過剰状態になった。室内楽用の小ホールは勘定できないぐらいだ。プロの演奏家では埋まらなくて、アマチュアのオケの演奏会も頻繁に開かれるようになった。全体の需給バランスを考えないのは日本の通弊である。

上野駅には、横浜から上野湘南ラインを利用した。乗り換えなしで便利になった。

開演1時間前に指揮者のルドルフ・ビーブルが楽屋入りするのを見た。もう高齢である。オペレッタにふさわしく、テンポよく軽めに指揮する人である。

IMG_2174.JPG


「チャルダーシュの女王」は初演が1915年。つまり、第一次世界大戦の最中である。前線の悲惨さはウィーンの聴衆には分からなかったのだろう。熱狂的に受け入れられた。この曲は、敵国であるパリやロンドンでも広まったという。

第一次世界大戦の歴史的意味から思えばこれらは皮肉にしか見えないが、人は変化に鈍感である。昨日の生活が今日も続き、明日も続くと思っている。もっともそう思わなければ生活できない。

「チャルダーシュの女王」はワルツ主体の音楽ではない。題名通りのチャルダーシュ、ウィンナ・ワルツ、ジャズ風のフォックストロットで生き生きとしたステージが繰り広げられる。

「チャルダーシュの女王」と呼ばれている歌手のシルヴァ・ヴァレスクと侯爵の息子・エドウィンの意地の張り合いのような恋のもつれがストーリーである。

第1幕は歌と踊りで終始する。第2幕、第3幕はドラマ部分が多くなる。字幕ばかりを見ていた気がする。ドラマ的には、第2幕の幕切れ、シルヴァがエドウィンの結婚誓約書を破り捨てる場面がこのオペレッタのヘソだろうと思った。

世紀末のウィーンの陶酔と甘美さを感じさせるオペレッタで、チケット代金は高かったが満足した。

ルドルフ・ビーブルの指揮は、ティンパニーが強すぎるきらいがあった。歌手は全般的に好調だったが、主役のシルヴァ・ヴァレスクを演じたアンドレア・ロストは声の伸びに乏しかった。地なのか、緊張しすぎたためかは不明。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感