So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年4月29日 みなとみらい [雑感]

4月29日。みなとみらい。日本丸が帆を広げていた。珍しい光景である。

IMG_2022.JPG


みなとみらいホールへ行く。読売日本交響楽団演奏会。ホリデー名曲シリーズ。

開演14時。指揮はラハフ・シャニ。

①メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 独奏:佐藤俊介。シンプルな曲のシンプルな演奏。スルスルしててソーメンを食べているようだった。何の感興も起きず。

(アンコール)バッハ 無伴奏パルティータ第1番からアルマンド。

余計に何にも感じなかった。来月は庄司紗矢香の無伴奏ヴァイオリン・リサイタルを聴く予定である。考えただけで頭が痛くなってきた。


②マーラー 交響曲第1番。指揮のラハフ・シャニは1989年生まれ、まだ26歳。24歳でマーラー国際指揮者コンクールで優勝。26歳だとまだ指揮者の世界では小便小僧である。

どうなのかな?と思っていたが、抜群の出来栄えで、えらく興奮した。他の曲はともかく、マーラーの第1番に関しては未熟さは感じなかった。

メンデルスゾーンと違い、マーラーの曲は精神分裂症的、ゴテゴテと装飾した奇怪な曲というイメージだが、これはこれで非常に魅力があると再認識した。CDではわからないところがある。ホールできくべき音楽だ。世の中が騒擾として落ち着かなくなればこういう曲でないと感興が起きないのかもしれない。
マーラーの曲の中では編成は小さい方だろうが、それでもステージに並ぶ楽団員数は多い。(アルバイトもいたのかな。)読売日本交響楽団も熱演で、オケの実力を示していた。

ラハフ・シャニの今後に期待したいが成熟するのは難しい時代だ。今は音楽界も若くて売れっ子になり、全世界を飛び回るので時間がない。消耗品になってしまう。

次に来日するときに聴きに行こう。他の曲を聴きたい。

いい演奏会のあとは体の血の巡りがよくなる。体が熱くなるかどうかで演奏の良しあしを判断している。非常に原始的な方法だ。帰宅しても余韻が残っていたのだから、申し分がない。

みなとみらいホールを出たのが16時。日本丸の帆は畳まれていた。

IMG_2041.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月26日 東京芸術劇場 [雑感]

池袋。4月26日。東京芸術劇場で「イブリー・ギトリスの世界」を聞く。

芸劇の前はテントが並んでいた。古本市が開かれていた。古本を買いたくなる。買うのは簡単だが、だいたい読まない。読めるかどうかを考えると、購買意欲はなくなる。

19時から芸劇で演奏会があった。

もとはイヴリー・ギトリスの演奏会だった。ギトリスは主観的というか風変わりな演奏家というイメージがあり、年齢も90歳である。90歳になってヴァイオリンが弾けるのかという疑問もある。この演奏会は視野にはなかった。

しかし、ギトリスは体調を崩して来日せず、急遽、神尾真由子が代役として登場、曲目は18番のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲である。かかりつけの鍼灸師の先生に是非行くようにと奨められた。
ということで慌てて切符を買った。座席表を見ると、空席ばかりが目立っていた。

ギトリスのフアンは神尾に関心がなく、神尾のフアンは急な代役で演奏会があることを知らなかったのだろう。こういう演奏会は難しい。私は3階席で聞いたが、3階には聴衆はほとんどいず、空席だらけだった。


指揮は、ニコライ・ジャジューラ。知らない指揮者である。キエフ生まれとあるから、ウクライナ人なのだろう。管弦楽は東京交響楽団。

①チャイコフスキー「くるみ割り人形」より「行進曲」「こんぺい糖の踊り」「あし笛の踊り」「花のワルツ」 きちんと手堅くまとめられた演奏だった。特色がないと云えばその通り。

②チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 独奏:神尾真由子 お目当ての演奏だった。熱演と云うべきなのだろうか。こちらは第1楽章のカデンツァで草臥れてしまって、第2,第3楽章は音が耳を通り過ぎただけ。演奏を聴くにもスタミナが要る。

ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」。 名曲中の名曲で食傷気味のはずだが、改めて素晴らしい曲だと知る。 ジャジューラの指揮は手堅く、東響も手堅い。標準的な演奏というしかない。今では交響楽団の技量も指揮も標準化されてきているようだ。ある一定の範囲に収まり、はみ出ることがない。東響はN饗に比べればボリューム感が不足するが、不満に思うということはなかった。

(アンコール)アイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」の管弦楽演奏。アンコールとしては不思議な選曲だったと思う。この曲は歌詞を変えて「ダニーボーイ」としてよく知られている。

体調を崩して来日できなかったイブリー・ギトリスをしのぶ意味があったのだろうか。あるいは、熊本地震の犠牲者を追悼する意味があったのだろうか?

芸劇を出たのが21時15分。劇場前の広場は、路上生活者が早くも横になっていた。格差を感じた。


タグ:神尾真由子
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016年4月23日 渋谷 [雑感]

2016年4月23日。渋谷

東横線のホームから地上に出るのに迷う。23日の日経に迷路のレジャー施設が紹介されていたが、自分なら東横線の渋谷ホームを推薦したい。ひねくれ者が設計したに違いない。あるいは、設計ばかりに頭がいって、乗客の動線に無関心だった者が考え出したのだろう。短期間に工事が終わるならともかく、数年単位なのだから、もっと乗客のことを考慮すべきだった。山手線に乗り換える時は、目黒乗り換え、恵比寿乗り換えにする人が多いのも肯ける。

渋谷駅で迷子になった末にともかく上に出ようということで長い階段を上がったが、昔の東映劇場があった前に出た。道路は人、人、人。異様な混雑だった。これが代々木公園まで続いた。

代々木公園は、アースデーということでテントが張り巡らされていて、通り抜けるのも容易ではない。アースデーとは何ぞや? たぶん地球環境保護のことなのだろう。「環境」は大商品になった。環境保護というと反論しにくいし、容易に騙せる。こういうことは、自分は疑うことにしている。現在では、環境、福祉健康が三大商品である。

NHKホールに入る。いつものように一番安い席で、5階の最後列に座る。NHK交響楽団の定期演奏会で、指揮はレナード・スラットキン。アメリカの指揮者である。セントルイス交響楽団をトップクラスにオケにしたことでネームバリューが上がった。

開演時間15時。オーケストラの団員が入場する。ところが、いつの間にかスラットキンもステージに出てきていて、指揮台に上がる。熊本地震の犠牲者を追悼するため、バッハの「(G線上の「アリア」)を指揮した。拍手はしないで、とあらかじめ告げられていた。スラットキンはステージから一度去り、再び登場する。拍手で迎える。演奏会の始まりである。

①ベルリオーズ 歌劇「ベアトリスとベネディクト」序曲。知らない曲。

②武満徹 系図(ファミリー・トゥリー)-若い人たちのための音楽詩。 今年は武満徹没後20年なので、武満作品が演奏される機会が多い。谷川俊太郎の詩集「はだか」から選んだ詩に音楽を付けた。語りがあり、ナレーターは山口まゆ。席のせいか、語りの内容がほとんど聞き取れなかった。武満の音楽は情感豊かだったが静かすぎる。

③後半。ブラームスの第1交響曲。今年になってコンサート通いを始めたが、なぜか、ブラームスの交響曲ばかり聞いている感がある。今日の第1番で全曲聞いたことになる。1番が1回、2番が2回、3番が1回、4番が1回。ブラームスのどこがいい?と聞きたいところだ。ベートーヴェンは1回しか聞いていないし(第7番)、モーツァルトも1回(第35番)。あとは、ブルックナーとマーラーが各1回(両者とも第5番)。

ブラームスの第1交響曲は、序奏から力こぶが入っていて、聞きようによっては押しつけがましく思える。ブラームス嫌いはここでイヤになる。スラットキンの指揮は柔らかめで聞きやすかった。全体、スラットキンの演奏は1960年代に活躍したオーマンディ流で、美しく快く響かせることを目指しているようだ。クラシック通の友人に言わせると、スラットキンは凡庸であるという。特徴がないというのか、抉るようなところがない。
私は快く音楽を聞かせてくれればそれでOKだ。精神性云々などということは求めない。自分の心の限界を知れば、分からないものは分からない。若いときはそれを言えなかったが、今は言える。高齢になれば、聴覚は衰える。若いときは気持ちのいい音も不愉快に聞こえるようになる。快く響く演奏は貴重である。
第4楽章のコーダは凄まじく、N響の実力を見せつけた。特にティンパニと金管は剥き出しの音で吼えまくり、興奮の坩堝と化した。終わりよければ全て良し、である。拍手大喝采。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良 般若寺 [旅行]

般若寺は奈良観光のメインルートからは離れている。佐保川の北にある。静かなお寺である。観光寺院で静かなものを見出すのは難しい。

054般若寺.jpg


044般若寺.jpg


046般若寺.jpg


055般若寺.jpg


062般若寺.jpg


般若寺は花の寺として有名だという。4月にふさわしい。

050般若寺.jpg


047般若寺.jpg


051般若寺.jpg


053般若寺.jpg


059般若寺.jpg


060般若寺.jpg











タグ:般若寺
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

熊本城補修 [雑感]

熊本城の補修は大掛かりなものになりそうだ。

石垣耐震構造にするため、石垣の背後を強化する必要がある。従って、天守閣の乗っかっている石垣を耐震構造にするためには、天守閣も櫓も一度解体する必要がある。

その後に天守閣、櫓を再建するわけだが、文化庁の意向は江戸時代の天守閣の復元であり、コンクリート造りではなく、木造にすることになりそうだ。

名古屋城や駿府城の天守閣を木造で再建する案がある。名古屋城の場合、500億ぐらいかかるという。熊本城の場合は石垣の耐震補強も加わるから大工事になってしまうが、熊本のシンボルだから全力を注ぐだろう。

すべて新築だと連続性が失われるので、今ある石垣も使う。瓦も利用できるものは利用する。


阿蘇神社の場合はどうだろうか? 資金面で見通しが立たない気がする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

阿蘇神社楼門 倒壊 [雑感]

肥後国一ノ宮・阿蘇神社の楼門も今回の熊本地震で倒壊してしまった。写真で見ると、完全にペチャンコになっている。

日本三大楼門の一つが失われた。残りの二つは、筥崎宮と鹿島神宮の楼門である。

二層式の楼門で耐震性がなかったのだろう。

149阿蘇神社.jpg


148阿蘇神社.jpg


144阿蘇神社.jpg


拝殿も前のめりのような形で潰れてしまった。本殿の方は写真で見る限り無事だったようだ。

140阿蘇神社.jpg


楼門の修理は、多分、数十年がかりになる。日本経済の先行きを考えれば、再建されるのかどうかも覚束ない。
タグ:阿蘇神社
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

熊本城 [旅行]

熊本城が一部損壊し、修復には10年~20年ほどかかるという。10年後、20年後というと、自分は生きているかどうかもわからず、観光となるとほぼありえない。

あれが最後だったのか……。最近たまに訃報に接することがある。あいつに会ったのはあれが最後だったのかと、別れのあっけなさを感じるが、それと同じ。

熊本城には4年前に行ったが、これが最後になるらしい。

2012年7月西九州 164.JPG


2012年7月西九州 162.JPG


ともかく巨大石垣で、加藤清正の凄さを感じる城だった。

2012年7月西九州 177.JPG


2012年7月西九州 179.JPG


2012年7月西九州 188.JPG


2012年7月西九州 193.JPG


2012年7月西九州 196.JPG


お濠。

2012年7月西九州 215.JPG


2012年7月西九州 216.JPG


加藤清正像。

2012年7月西九州 217.JPG




タグ:熊本城
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道三十三観音霊場 6日目 観光 [旅行]

北海道三十三観音霊場巡り、午前中に結願し、残りの時間は観光で過ごす。

洞爺湖町から新千歳空港に向かう。洞爺湖に行く手前で、西山火口を見る。

190西山火口.jpg


191西山火口.jpg


192西山火口.jpg


熊本地震のあとだから、こういうのを見るとリアルに感じられる。日本は火山国・地震国である。

洞爺湖に到着。靄っていた。

200洞爺湖.jpg


197洞爺湖.jpg


昭和新山に向かう。もともとは畑だったのだが、噴火によってみるみる火山ができたという珍しい事例である。

208昭和新山.jpg


212昭和新山.jpg


211昭和新山.jpg


昭和新山の麓にクマ牧場がある。

217熊牧場.jpg


219熊牧場.jpg


昭和新山から支笏湖へ向かう。旅程の最後だった。

223支笏湖.jpg


225支笏湖.jpg


234支笏湖.jpg


236支笏湖.jpg


5泊6日の旅はきつかった。今年のツアー案内を見ると、3回に分けている。参加者が高齢化し、長い旅行が無理になったことが影響しているのだろう。

旅行会社も高齢者に適応する企画が必要になった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道三十三観音霊場 6日目 結願 [旅行]

北海道三十三観音霊場巡り6日目。つまり、最終日。登別温泉を出発し、室蘭にある第33番札所・大正寺を参拝。

本来なら、ここが第33番なので結願所になるのだが、32番が参り終えていない。32番が後になるという珍しいことになった。

理由は簡単で、洞爺湖・支笏湖観光をするには32番をあとにした方が便利だからである。観光優先の霊場巡りである。

<第32番・大正寺>

176大正寺.jpg


178大正寺.jpg


181大正寺.jpg


大正寺をあとに第32番札所・売昌寺を参拝。ここが結願所となった。函館本線・洞爺湖町にある。海沿いの高台である。

182売昌寺.jpg


184売昌寺.jpg


185売昌寺.jpg


188売昌寺.jpg


186売昌寺.jpg


参り終えたのが12時過ぎ。新千歳空港からの出発便は19時過ぎである。観光しながら新千歳空港に向かった。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道三十三観音霊場 5日目 [雑感]

北海道三十三観音霊場巡り、襟裳岬を観光した後、日高地方に入る。

まず第31番札所・円昌寺を参拝。すでに午後2時を過ぎていた。三石町にある。

156円昌寺.jpg


157円昌寺.jpg


160円昌寺.jpg


目の前は牧場、日高地方らしい。

165円昌寺.jpg


円昌寺から、第29番札所・龍徳寺へ向かい、参拝。静内にある。

167龍徳寺.jpg


169龍徳寺.jpg


168龍徳寺.jpg


静内から日高町へ。第30番札所・日高寺参拝。日没寸前、午後5時過ぎ。

171日高寺.jpg


172日高寺.jpg


お参りして外に出ると、日は落ちていた。

175日高寺.jpg


5日目のお参りを終え、登別温泉に向かう。登別温泉宿泊。湯量ナンバーワン温泉で、温泉が滝のようだった。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行