So-net無料ブログ作成
検索選択

仙崎 金子みすゞ [旅行]

仙崎まで旅行してきた。仙崎は長門市にある港町である。何よりも、詩人・金子みすゞの町として有名である。

長門市駅はアクセスが悪い。山陰本線・美弥線が通っているが、特急が走っていない。まるで陸の孤島のようである。

長門市の人口は毎年500人ずつ減少している。市は人口減に対し無策である。タクシーの運転手が嘆いていた。大阪から引越してきた人だったが、大阪人の目から見ると、長門市の人は歯がゆいほど無為無策に見えるらしかった。

ともかく、仙崎を見下ろせる場所に行きたいというと、青海島の王子山公園に案内された。

これが仙崎である。

05仙崎 (4)a.jpg


左を見る。

05仙崎 (3)a.jpg


右を見る。

05仙崎 (5)a.jpg


金子みすゞの詩碑がたっている。

05仙崎 (11)a.jpg


金子みすゞ通りに出る。墓所がある。

07金子みすゞ通り (2)a.jpg


07金子みすゞ通り (3)a.jpg


金子みすゞ通りはこんなもの。観光ロードとして整備されていない。帰宅した今でも疑問に思っている。タクシーの運転者さん、間違えたんじゃないのか? これが金子みすゞ通りか?

07金子みすゞ通り (7)a.jpg


これが金子みすゞ。

07金子みすゞ通り (8)a.jpg


私が文学青年だった1960年代頃には、金子みすゞは評価されていなかったと思う。名前の記憶がない。

運転手さんの案内で、海外引揚げの上陸地へ向かう。

06仙崎港 (1)a.jpg


06仙崎港 (4)a.jpg


この港で、昭和21年末までに、海外から41万人の引揚者があった。逆に、朝鮮半島への帰国者が34万人いた。

仙崎が引揚者の港だったとは知らなかった。引揚者というと、すぐ舞鶴を思い浮かべる。しかし、よくよく考えれば、朝鮮半島に近いのは、九州の港、山陰の港である。

引揚=舞鶴という刷り込みはどうしてできたのだろうか。やはり「岸壁の母」の影響だろう。刷り込みは恐ろしい。

長門市の観光名所というと、金子みすゞ通りと青海島である。青海島には遊覧船があるが、冬場で天気も悪いのでスルーした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年京都紅葉 清滝 [旅行]

神護寺から東海自然歩道を歩き、清滝に着く。愛宕山への入り口だが、愛宕山は翌日に回す。東海自然歩道はまだまだ続くが、翌日の愛宕山のぼりのスタミナを考え、ここで打ち切ることにした。

192清滝 (1)a.jpg


192清滝 (2)a.jpg


192清滝 (3)a.jpg


192清滝 (4)a.jpg


192清滝 (6)a.jpg


192清滝 (7)a.jpg


192清滝 (8)a.jpg


192清滝 (10)a.jpg


192清滝a.jpg


タグ:京都 清滝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年京都紅葉 東海自然歩道 [旅行]

2008年11月25日。京都三尾の高山寺、西明寺、神護寺を詣でたあと、東海自然歩道を歩き、清滝に至る。

自然歩道の所在地確認のため、神護寺の受付できいた。川に沿って下って行けばいいといわれた。

高雄山・神護寺から清滝まで3.8キロである。

158自然歩道 (1)a.jpg


158自然歩道 (4)a.jpg


158自然歩道 (6)a.jpg


158自然歩道 (8)a.jpg


158自然歩道 (9)a.jpg


158自然歩道 (10)a.jpg


ここは錦雲渓と呼ばれる。

158自然歩道 (12)a.jpg


杉並木もあり、変化に富んでいる。道も一様ではない。

158自然歩道 (15)a.jpg


158自然歩道 (16)a.jpg


158自然歩道 (19)a.jpg


158自然歩道 (22)a.jpg


158自然歩道 (25)a.jpg


158自然歩道 (26)a.jpg


158自然歩道 (28)a.jpg


清瀧に近づくと道は舗装されたものになる。

158自然歩道 (31)a.jpg


158自然歩道 (32)a.jpg


紅葉シーズンだったが、歩いている人はほとんどいない。静かな観光コースといえるかもしれない。今はどうなっているかは知らない。7年前のことである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年京都三尾紅葉 神護寺 [旅行]

京都三尾の紅葉巡り、最後は高雄山・神護寺である。神護寺は唐から帰国した弘法大師・空海が住職に就任した古刹である。

神護寺は関東とも関係がある。成田不動の本尊は、この神護寺にあった不動明王像である。弘法大師が彫ったという。

関東で平将門の乱があったとき、戦勝祈願のため、この神護寺の不動明王像を関東に下向させた。平将門を打ち破った後、不動明王像は現在の成田の地に安置された。成田不動の正式寺名は「新寺」だが、これは平将門に勝ったことを意味する。

ということで、平将門を祀る神田神社と成田不動は、本来ライバル関係にある。理論的に考えれば、両方をお参りするのはおかしなことだ。私はもっぱら成田不動をお参りする。神田神社をお参りするのは東京十社巡りの時だけである。

槙尾山・西明寺から高雄山・神護寺に着く。

054高雄 (59)a.jpg


参道を上がる。

054高雄 (60)a.jpg


054高雄 (62)a.jpg


054高雄 (63)a.jpg


本堂の前の階段が特徴的。

054高雄 (75)a.jpg


054高雄 (76)a.jpg


054高雄 (78)a.jpg


054高雄 (80)a.jpg


054高雄 (82)a.jpg


高雄山の光景。

054高雄 (86)a.jpg


054高雄 (87)a.jpg


休憩所で一休み。このあたりの紅葉も見事。

054高雄 (91)a.jpg


054高雄 (93)a.jpg


054高雄 (94)a.jpg


<御朱印>

IMG_6673aa.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年京都三尾紅葉 西明寺 [旅行]

京都三尾の紅葉風景を続ける。高山寺から西明寺まで歩く。

054高雄 (34)a.jpg


槙尾山・西明寺に至る。

054高雄 (36)a.jpg


054高雄 (37)a.jpg


054高雄 (38)a.jpg


境内の紅葉風景。

054高雄 (40)a.jpg


054高雄 (41)a.jpg


054高雄 (43)a.jpg


054高雄 (45)a.jpg


054高雄 (46)a.jpg


054高雄 (49)a.jpg


054高雄 (51)a.jpg


054高雄 (55)a.jpg


<御朱印>

IMG_6672b.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008年京都三尾紅葉 高山寺 [旅行]

京都紅葉情報を見る。今年は紅葉が早く、21日現在で、三尾の紅葉は落葉マークがついている。

私が三尾の紅葉を見に行ったのは2008年で、この時の本来の目的地は愛宕山だった。愛宕神社参拝が目標だった。

愛宕山に登る前日の25日に三尾を回り、次いで、東海自然歩道を清滝まで歩いた。

栂ノ尾・高山寺には朝一番で着いた。観光客はまだ来ておらず、静かだった。

054高雄 (2)a.jpg


054高雄 (3)a.jpg


参道を上がる。

054高雄 (5)a.jpg


054高雄 (6)a.jpg


054高雄 (8)a.jpg


054高雄 (9)a.jpg


境内に入る。前日は雨が降っていた。25日早朝はまだ雨上がりの状態で、ところどころガスがかかっていた。

054高雄 (10)a.jpg


054高雄 (14)a.jpg


054高雄 (18)a.jpg


054高雄 (20)a.jpg



再び、境内を出て、参道を下る。

054高雄 (28)a.jpg


054高雄 (30)a.jpg


道に出て、槇尾・西明寺まで歩く。

054高雄 (31)a.jpg


<御朱印>

IMG_6672a.jpg


タグ:高山寺
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

不動産屋との話 memo [雑感]

不動産屋と話すと面白い。

★事業法人の賃貸借物件は動ている。しかし、個人のそれは盛り上がっていない。例年の20%減である。不動産業界の会合で話したが、他の業者も同じだという。法人の動きは活発、個人は動かない。

★サブリース契約、つまり例の一括借り上げは、かなり危うくなってきているので、会社によっては方針を変えたところもある。サブリース物件については地方では裁判沙汰になっているものも出てきた。

 だいたいサブリース契約の補修工事は提携先の会社が行うが、市場の価格よりも2割高と言われている。

 一括借り上げを止めようという会社の矛先は、高齢者用の賃貸住宅に向かっている。介護ロボット関係の会社と組んで、新しい高齢者用の賃貸住宅を開発しつつある。

 でも、今の状況なら、将来的には、これも過当競争になる可能性が強い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大雄山最乗寺・道了尊 [旅行]

2015.11.22.紅葉が見ごろということで大雄山最乗寺まで行く。小田原大雄山線に乗り換え、終点の大雄山駅でおりる。ここから道了尊行のバスに乗る。道了尊は最乗寺の通称で、最乗寺というより道了尊といった方が通りやすい。お寺の建設に功のあった相模坊道了尊者を守護としているからである。

バスから見た風景では紅葉はまだ早い気がした。色づき始めた段階である。なんでこれで紅葉見ごろとなるのだろうと思ったものである。

三門を通る。

01大雄山最乗寺 (4)a.jpg


杉の巨木が立ち並んだ参道を歩く。

01大雄山最乗寺 (7)a.jpg


01大雄山最乗寺 (10)a.jpg


赤く染まっていたのは一か所。境内に入る瑠璃門の階段である。

01大雄山最乗寺 (59)a.jpg


01大雄山最乗寺 (23)a.jpg


道了尊の紅葉というと、ここの風景が紹介される。

境内に入る。日曜日ということもあってか、観光バスも来ていたし、参詣客も多かった。

01大雄山最乗寺 (26)a.jpg


本堂前。

01大雄山最乗寺 (27)a.jpg


私が道了尊を参拝するのは、もっぱら清瀧不動目当てで、今日も不動堂を詣でた。

01大雄山最乗寺 (32)a.jpg


01大雄山最乗寺 (33)a.jpg


道了尊は場所柄からいってもいかにも禅寺にふさわしい。曹洞宗の修行場になっている。以前に来たとき、托鉢に出かける修行僧の姿を見たものである。

もともとは、ここは修験場であったと思う。曹洞宗の修行場とはいいながら習俗と融合している面がある。

てんぐ寺として有名。ここの名物はてんぐ煎餅である。

01大雄山最乗寺 (39)a.jpg


隣に巨大な和合下駄がある。奉納された下駄が多数。

01大雄山最乗寺 (41)a.jpg


01大雄山最乗寺 (42)a.jpg


「威徳神通妙覚道了大薩埵」の幟あり。

01大雄山最乗寺 (43)a.jpg


01大雄山最乗寺 (45)a.jpg


御朱印をもらい、帰路につく。

01大雄山最乗寺 (60)a.jpg


<御朱印>ここの御朱印は二つある。「道了尊」と「清瀧不動」である。今日は「道了尊」の御朱印をいただいた。

01大雄山最乗寺 (68)a.jpg




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

11.20 早めの忘年会 [雑感]

11月20日。早めの忘年会を野毛で開く。

散歩もいいと、横浜駅からランドマークタワーまで歩く。

01みなとみらい (1)a.jpg


01みなとみらい (4)a.jpg


01みなとみらい (5)a.jpg


みなとみらい地区も整備されつつあるが、横浜駅周辺は、日産本社と富士ゼロックス本社がある以外はまだ空き地である。一番便利な場所が空き地であるのは解せない。

新高島駅前の109シネマズがあった場所はすべて取り壊され、広大な空き地になっていた。

ランドマーク方向に歩く。

01みなとみらい (6)a.jpg


01みなとみらい (7)a.jpg


16時頃だった。下校途中の小学生たちに出会う。ビル街を小学生の集団が歩いているのはおかしな風景だった。

当初の予定では、みなとみらい地区はすべてテナントビルが建設される予定だったが、バブル崩壊で港側に高層マンションが立ち並ぶことになった。そのマンションの子供たちである。

これは予定外のことで、子供たちは桜木町駅そばの小学校まで通わなければならない。横浜市も現実を認め、再来年にはみなとみらい地区に小学校を建設する予定だと聞いている。

クィーンズスクエアの喫茶店で休み、野毛まで歩く。みなとみらいは夜景になっていた。

01みなとみらい (15)a.jpg


01みなとみらい (16)a.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11.19 昭和記念公園 [旅行]

昭和記念公園へ、黄葉紅葉を見に。結論を先にいえばもう最終段階で、見ごろは1週間前だったそうである。

先週は精神的に絶不調だったから、タイミングを逸したらしい。こういうこともありますよ。

立川駅から歩く。入口の坂のススキ。

01昭和記念公園 (3)a.jpg


ここは期待が持てましたよ。

坂を上がると、かくのごとき光景が。

01昭和記念公園 (4)a.jpg


公園の中に入る。外側から見るだけで終わりにしようかとも考えたのだが。

01昭和記念公園 (7)a.jpg


手前はほぼ落ちつくしていたが、後ろは少し残っていた。日当たりが違うからだろう。

01昭和記念公園 (11)a.jpg


ここだけ写真になった感がある。

01昭和記念公園 (13)a.jpg


01昭和記念公園 (12)a.jpg


01昭和記念公園 (14)a.jpg


園内を歩く。

素晴らしい黄葉のイチョウを見る。まだ少しは残っていた。

01昭和記念公園 (18)a.jpg


全体、昭和記念公園の紅葉の季節はすでにピークを過ぎた。

01昭和記念公園 (24)a.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行