So-net無料ブログ作成

北鎌倉 東慶寺 [雑感]

東慶寺は、円覚寺の近くにある。縁切寺として名高い。江戸時代初期には、豊臣秀頼の娘・天秀尼が住持をしていた。

円覚寺から東慶寺に行く途中で、和服姿の女性が数多く見受けられた。茶道、華道、香道…。何かは分からないが、どこかのお寺で会が開かれるらしい。こういう姿は古都にふさわしい。

032東慶寺 (1)a.jpg


東慶寺の境内は細長い。東慶寺は、臨済宗円覚寺派である。円覚寺と同じように、ここも拝観料はPASMOで支払える。200円也。

032東慶寺 (2)a.jpg


032東慶寺 (4)a.jpg


鐘楼。

032東慶寺 (3)a.jpg


本堂はつつましい。

032東慶寺 (5)a.jpg


032東慶寺 (8)a.jpg


松ヶ岡宝蔵。東慶寺の文書が一部公開されていた。

032東慶寺 (11)a.jpg


御朱印は、松ヶ岡宝蔵で貰う。「聖観世音菩薩」で鎌倉観世音第32番の印判が押してある。鎌倉には、鎌倉三十三観音霊場がある。

cc 001a.jpg





タグ:東慶寺
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

円覚寺 拝観料はPASMOで [雑感]

今年の秋は鎌倉を巡ろうと思っている。理由は簡単で、引っ越しする予定があるからだ。首都圏を離れれば、鎌倉は遠い。鎌倉めぐりをするのも今のうちである。

鎌倉めぐりの軽い準備運動?のつもりで北鎌倉を回ろうと思っていたが、北鎌倉駅をおりると、雨が激しくなり、身体が濡れてしまった。

とりあえず、駅前の円覚寺を参拝する。

北鎌倉駅から総門に入る。

001円覚寺 (1)a.jpg


総門を通り、境内に入る。拝観料は300円也。PASMOが使える。拝観料もこうなりましたか。

さすがに、御朱印代とお賽銭はまだである。

001円覚寺 (3)a.jpg


山門。防災訓練をしておりました。

001円覚寺 (4)a.jpg


仏殿。本尊は、宝冠釈迦如来座像。

001円覚寺 (5)a.jpg


方丈横を通り抜ける。方丈には庭園がある。

001円覚寺 (25)a.jpg


左側に妙香池。

001円覚寺 (14)a.jpg


円覚寺の最奥は塔頭の黄梅院である。

001円覚寺 (19)a.jpg


円覚寺の御朱印は、本尊の「宝冠釈迦如来」である。

aa 001a.jpg








タグ:円覚寺
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御朱印帳袋 [雑感]

鎌倉・円覚寺に朱印帳をおさめる袋が置いてあった。御朱印帳袋という。

御朱印女子が多くなったご時世である。女性用に販売されているのではないだろうか。

一番地味なものを求める。西陣織である。

001円覚寺 (30)a.jpg


あいにく今日は雨模様で、いつものように本屋で貰うビニールの手提げ袋に朱印帳を入れた。

晴れていたら、これを手に持って歩くと、風情がありそうだ。
タグ:御朱印袋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウィスキー1本 1100万円 [雑感]

日本のウィスキーもブランドになったものである。

香港のオークションで「軽井沢」というウィスキーが1100万円で落札された。

「軽井沢」を醸造していた会社は既に消滅したようである。

日本のウィスキーがブランドになるなど、昔は考えられなかったことだ。

こういう金額を見ると、中華圏はまだまだバブリーのようである。株は暴落するが、ウィスキーは暴落しないというのが落札者の理由らしいが、買い手がいなくなれば、ウィスキーも暴落する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

五井駅 [雑感]

小湊鉄道で、上総中野駅から五井駅まで乗る。上総中野発の電車は1両編成だった。

114上総中野駅 (3)a.jpg


養老渓谷を過ぎ、田圃の風景の中を走る。

128小湊鉄道風景 (3)a.jpg


五井駅に近づくにつれ住宅地となる。途中、丘陵地帯を開発した1戸建ての団地を見る。バブルの頃、こういう団地を東京近郊に開発した。

その結果はというと、高齢化。子供達は、東京に通勤するには不便だと云うことで都心に住む。老夫婦が取り残される。丘陵地帯と云うことで、高齢者にはこたえる。

それでは売却して街中に住めるかというと、売却するのが難しい。現在一戸建てで流行っているのは、敷地20坪程度の狭小住宅だが、こういう団地は建築協定があって分割できない。売りたくても売れない。

家を作るときは出口戦略を考えておかなくてはいけない。

今流行っている狭小住宅だって、先のことを考えると、これでいいのかと思う。高齢になれば、階段の上り下りはできない。バリアフリー化も無理である。

30年後にあの狭小住宅が売れるものだろうかと疑っている。

古くに建てられた狭小住宅は、すでにメンテナンスが必要な時期に入っているが、隣とトラブルをおこしがちだ。これは不動産屋にきいたことである。


五井駅に到着。

131五井駅 (19)a.jpg


131五井駅 (14)a.jpg


131五井駅 (15)a.jpg


131五井駅 (18)a.jpg


五井駅から17時25分発の高速バスで横浜に戻る。途中、ベイブリッジを過ぎたあたりから渋滞に巻き込まれた。横浜駅到着が18時40分。

朝、10時15分の茂原行きの高速バスで横浜を出て、18時40分に戻ってきたわけだ。一日中、乗りっぱなし。

乗り物に乗っていると、気分転換になる。


タグ:五井駅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小湊鉄道 [雑感]

小湊鉄道は、五井~上総中野間を走る。とはいえ、上総中野駅までの便数は少なく、一日6本である。

上総中野駅の一つ手前が養老渓谷駅である。観光スポットであるので、養老渓谷駅止まりが多い。

途中の上総牛久駅までは住宅地で、朝晩は五井駅~上総牛久駅間を運行する便が多数ある。


上総中野駅で小湊鉄道線に乗り換えた。1両編成である。五井駅に近づくにつれ混雑した。

114上総中野駅 (3)a.jpg



小湊鉄道線は、不思議な名前の路線である。周辺には「小湊」という名前の地名がない。

もともとは房総半島を横断し、五井駅~安房小湊を結ぶ路線として計画された。それが「小湊」鉄道という名前の由来である。

ところが、資金難と戦争で安房小湊まで路線が伸びず、上総中野止まりになってしまった。小湊という名前だけが残った。

実体と名前が合っていない。

こういう例は他にもある。新宿歌舞伎町である。歌舞伎町には歌舞伎を演じる施設がない。

戦後、歌舞伎の演舞場が出来る予定だった。それで歌舞伎町という名前を付けた。しかし、歌舞伎の演舞場はできず、歌舞伎町という名前だけが残った。

タグ:小湊鉄道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上総中野駅 [雑感]

いすみ鉄道に乗り、終点の上総中野駅でおりる。五井駅行きの小湊鉄道線に乗り換える。

乗換駅だから少しは賑わいがあると思っていたが、普通の田舎駅だった。

114上総中野駅 (6)a.jpg


駅前。

114上総中野駅 (5)a.jpg


道路まで歩いてみたが、かくのごとし。

114上総中野駅 (7)a.jpg


114上総中野駅 (8)a.jpg


道路から駅を見る。バス便があったが、乗る人はいなかった。からバスだった。

114上総中野駅 (9)a.jpg



タグ:上総中野
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いすみ鉄道 [雑感]

外房線の大原駅と小湊鉄道の上総中野駅間を結ぶ路線がいすみ鉄道である。かってはJR木原線だった。第三セクターになっても赤字続きで存続が危ぶまれている。

現在の状況からいえば、いずれ廃線になると思う。途中の大多喜駅に大多喜高校があるので通学路線として存続しているのではないだろうか。

いすみ鉄道と小湊鉄道を利用して、房総半島を横断することが出来る。

大原駅の売店で大原駅~五井駅間の通しの切符を購入した。

089切符 (2)a.jpg


これがいすみ鉄道の車両。

100いすみ鉄道 (1)a.jpg


100いすみ鉄道 (9)a.jpg


13時46分発の便に乗る。どういうわけか、2両編成で、1両はレストラン電車だった。食事を楽しむ臨時電車があることは知っていた。

平日の昼間はないはずで、係員に聞くと、今日は普通に乗って大丈夫ですという答え。

中を見ました。

100いすみ鉄道 (5)a.jpg


100いすみ鉄道 (7)a.jpg


100いすみ鉄道 (6)a.jpg


人気があるという話だが…。

タグ:いすみ鉄道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

外房線 大原駅 [雑感]

茂原駅から外房線に乗り、大原駅でおりる。

茂原駅。

079茂原駅 (7)a.jpg


沿線風景。稲刈りも近い。

087外房風景 (2)a.jpg


大原駅。

091大原駅 (9)a.jpg


大原駅でいすみ鉄道線に乗り換える。

091大原駅 (1)a.jpg

091大原駅 (2)a.jpg


大原は漁港として発展したが、ここも過疎化しつつある。

091大原駅 (8)a.jpg


091大原駅 (6)a.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茂原駅 [雑感]

茂原駅へ行くには、東京駅からなら直通の快速電車を利用するのが便利だ。1時間10分かかる。これ位の時間だと、東京の通勤圏になるのかどうかは微妙である。

上総一ノ宮~東京駅間の快速電車は10両編成で、これはローカル列車の編成ではない。通勤電車ということになるのだろう。

私は、外房の安房鴨川往きの電車に乗ったが、こちらは4両編成だった。

茂原駅には以前一度来たことがある。坂東33観音霊場・第31番札所の笠森寺を参拝するためだった。茂原駅からバスを利用した。帰りに藻原寺に立ち寄った。15年ぐらい前のことで記憶もあやふやである。

南口。

067茂原市 (2)a.jpg


067茂原市 (3)a.jpg


067茂原市 (9)a.jpg


北口。

067茂原市 (4)a.jpg


茂原市は外房と江戸を結ぶ宿場町として栄えた。現在の人口は9万弱。人口が最も多かったのは2000年で94000人。人口は減少している。若年層の流出が止まらない。

駅ビルで昼食をとる。

067茂原市 (7)a.jpg


食べたあとは、すぐにホームに上がった。

067茂原市 (11)a.jpg


079茂原駅 (3)a.jpg


24日は気温が低く、風も強かった。七分袖では肌寒かった。
タグ:茂原駅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感