So-net無料ブログ作成

三方五湖 / ”奇跡の水月湖” [旅行]

小浜市と敦賀市の間にある梅丈岳から三方五湖を見ることができる。普通なら、美しい景色で済ませることができるが、この五湖の一つ、水月湖は、地質学上重要で、「奇跡の水月湖」と呼ばれるようになった。

私が三方五湖に興味を持ったのは、水月湖を見たかったからである。

02三方五胡 (1).JPG


三方五湖と言っても、梅丈岳の展望台から眺めると、案外、区別がつきにくい。

正面、真ん中が水月湖で、その上にあるのが三方湖。左上に小さく見えるのが菅湖。

02三方五胡 (25).JPG


下に見えるのが日向湖で、その右上が久々子湖。左上で大きく入り込んでいるのは若狭湾である。

水月湖が地質学上重要なのは、ここには約45メートル、年数にして約7万年分の年縞があるからだ。

湖の堆積は、春から夏にかけては黒っぽく、秋から冬にかけては白っぽくなる。これを解析すると堆積した当時の気候が分かる。

つまり、これを調べると、水月湖の約7万年分の気候変動が分かる。

これを調査し記したのが「人類と気候の10万年史」(中川毅)である。気候変動に興味のある人は読んでもらいたい。

これを一読した印象では、まぁ、トランプ大統領を支持したくなる……。


(追記)

地球の気候変動を知るためには、ミランコビッチ理論を知っておかなくてはならない。

地球の気候に大きな影響を与えるものは三つある。

①地球は太陽を回っているが、円ではなく楕円である。太陽に近づいたり、遠ざかったりする。この公転軌道が影響する。これが10万年サイクルである。

②地球の地軸はコマのように傾いている。左右に揺れている。これが41000年サイクルである。

③地軸が円運動する23000年サイクル。

これが組み合わさって気候の変動を起こすとされる。しかし、理論通りの変動にはならないこともある。理由は分からない。


タグ:水月湖
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0