So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

豊富駅 [旅行]

JR宗谷本線の豊富駅。現在は特急も停車する駅である。

IMG_3371.JPG


IMG_3159.JPG


JR北海道稚内~名寄間は路線維持ができないということで廃線にする予定である。そのときには、この豊富駅もなくなる。

豊富駅は、既に無人駅となっている。

IMG_3364.JPG


IMG_3365.JPG


乗車券は隣の観光センターで求める。

IMG_3366.JPG


IMG_3367.JPG


今では想像できないが、昔は7番線まであったそうである。石炭の輸送のためである。

豊富町には炭鉱があった。最盛期には3000人の炭鉱労働者がいたという。

輸送に使用していた蒸気機関車は売られたが、今度はニセコに置かれますと地元の人が言っていた。
ニセコで蒸気機関車を見たら、それは元は豊富町にあったものである。

駅前

IMG_3157.JPG


IMG_3160.JPG


豊富駅の乗降客数は分からないが減っていることは間違いない。ダイヤが変わるたびに、豊富駅は利用しにくくなっている。朝はより早く、夜はより遅く、時間が不便になっている。

豊富町の人は路線継続については既に諦めている。

よく乗降客数が少なくなったから路線を廃止するというが、だいたい、乗るのに不便な時間なら、乗降客数が減るのは当たり前だ。

統計上の数字はよくよく吟味しなければならない。ある数字が出るように状況を操作することがあるからだ。



端的な例は、札幌~十津川間の学園都市線である。十津川へ行くには札幌発6時58分の1便しかない。一日に1便。しかも7時前発。誰が乗るだろうか? 廃線にするためにこういうダイヤを組んだのだろう。

宗谷本線にしても、稚内から特急を利用するとすれば、朝7時出発である。ホテルで一服してから利用できる時間ではない。次の特急は13時44分である。

これでは乗らないのが当たり前だ。

北海道の人はもうJRはアテにしていない。廃線が前提で生活しているからだ。

(稚内から札幌へ行くなら、高速バスを利用する。この高速バスは混雑する。特に週末の夜行便は1ヶ月前の切符発売と同時に満席となってしまうらしい。注意して欲しい。)

タグ:豊富駅
nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

稚咲内 利尻富士 [旅行]

サロベツ原生花園から海の方向へ行く。稚咲内漁港があり、海越しに利尻富士を眺めることができる。ただし、運が良ければ。山のすべてを見ることはなかなか難しい。

IMG_3168.JPG


ここの道路はオロロンラインと呼ばれていて稚内まで通じている。

IMG_3164.JPG


IMG_3165.JPG


利尻富士を正面に見るのは、もっと北の抜海あたりである。ここでも十分に美しい

IMG_3161.JPG


IMG_3166.JPG


周囲は草っ原で、北海道らしい風景だった。

IMG_3170.JPG


IMG_3171.JPG

タグ:稚咲内
nice!(2) 
共通テーマ:旅行

サロベツ原生花園 [旅行]

豊富温泉からサロベツ原生花園へ行く。サロベツ原生花園は道北で最も有名な観光スポットだろう。施設も整備されている。

IMG_3281.JPG


IMG_3280.JPG


木道の長さは1.1キロ。

景色は単調である。ずっと同じ原野を見るのだから。一巡すれば、それでおしまい。

IMG_3178.JPG


IMG_3181.JPG


IMG_3183.JPG


IMG_3184.JPG


IMG_3185.JPG


利尻富士を見ることができる。

IMG_3186.JPG


IMG_3188.JPG


IMG_3189.JPG


IMG_3192.JPG


IMG_3193.JPG


IMG_3194.JPG


IMG_3196.JPG


IMG_3204.JPG


IMG_3208.JPG


IMG_3209.JPG


日差しは強かったが、海風が心地よかった。

IMG_3210.JPG


IMG_3211.JPG


IMG_3213.JPG


IMG_3224.JPG


IMG_3227.JPG


IMG_3228.JPG


IMG_3229.JPG


IMG_3232.JPG


ここには休憩所があって、カレーやラーメンが食べられる。地元の主婦が交代で勤めているので味は日によって異なる(らしい。)
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

豊富町 大規模草地 [旅行]

豊富町に大規模草地(放牧場)がある。ここへ直接行けるバス便はない。一番近いバス停は「大規模草地入口」だが、このバス停からは4キロほど離れている。歩ける距離ではあるが、時間がかかる。

豊富温泉に”ふれあいセンター”があり、ここで無料で自転車を貸し出している。これを利用した。自転車に乗ること15分で、大規模草地に着いた。

着いたと言っても、入り口である。総面積は1万4000キロ平米。

北海道開発局が草地造成のために開いたものである。

IMG_3288.JPG


延々と道路が続く。上り坂。

IMG_3294.JPG


IMG_3298.JPG


IMG_3302.JPG


IMG_3304.JPG


IMG_3308.JPG


IMG_3313.JPG


IMG_3314.JPG


IMG_3315.JPG


IMG_3316.JPG


レストハウスがあると言うことで頑張った。

IMG_3321.JPG


IMG_3327.JPG


IMG_3328.JPG


IMG_3332.JPG


IMG_3333.JPG


レストハウスは既に閉鎖されていた。ここまで来る観光客がほとんどいないだろう。地元の人は星空を見に行くのだそうだ。確かにここなら遮るものもなく、星空を見るには絶好のポイントだ。

IMG_3335.JPG


IMG_3337.JPG


IMG_3338.JPG


IMG_3340.JPG


道路に牛のマークがあったが、牛は遠目に見えるだけだった。

IMG_3356.JPG


広大茫洋としてスケールは日本離れしていた。ただ、単調なことは否めない。

タグ:大規模草地
nice!(2) 
共通テーマ:旅行

幌延町 トナカイ観光牧場 [旅行]

幌延町にあるトナカイ観光牧場へ行く。

道路に標識。

IMG_3065.JPG


これがセンターで売店・レストランがある。

IMG_3068.JPG


センターを通り抜ける。

IMG_3069.JPG


目の前がトナカイ牧場だが、柵の方には近寄ってこない。

IMG_3074.JPG


IMG_3072.JPG


面白からず。周囲を散策する。

IMG_3079.JPG


IMG_3080.JPG


IMG_3081.JPG


花壇があった。

IMG_3088.JPG


IMG_3095.JPG


再び、トナカイのいる柵へ。

近づいてこないので、餌で買収することにした。売店で1個200円也の餌を求める。

餌を見せると、トナカイがやってきた。

IMG_3097.JPG


あとは、すさまじい限り。アサましいというか、なんというか。しかし、人間という動物が金に群がる姿もこんなものだろう。

IMG_3098.JPG


IMG_3099.JPG


IMG_3100.JPG


IMG_3101.JPG


大角を生やしたトナカイも餌を食した。やっとトナカイを見た気がした。

IMG_3108.JPG


IMG_3118.JPG


IMG_3123.JPG


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下サロベツ原野 自然探勝路 [旅行]

幌延ビジターセンターから自然探勝路を歩く。木道が設置されている。

ビジターセンターからの木道は新しい。途中からかなり危うい木道になると地元の人は話していた。

IMG_3442.JPG


1年に100メートルずつ新しい木道に更新する予定だとか。この木道は3000メートルありますからね。全部更新するには30年かかる。30年後にはビジターセンター手前の木道は再び劣化しボロボロになっているのではないだろうか。

町の予算がないということらしいが、不思議な気がした。幌延町には原発関連施設があって、原発マネーで潤っているはずだから。

新しい木道を歩く。

IMG_3443.JPG


原野に入る。原野の風景は似通っており、花好きの人はじっくりと観察するだろうが、私はただ通り抜けるだけである。

IMG_3445.JPG


IMG_3447.JPG


IMG_3449.JPG


なお歩き、長沼まで出る。

IMG_3450.JPG


IMG_3453.JPG


IMG_3456.JPG


これが長沼である。

IMG_3461.JPG


IMG_3485.JPG


IMG_3466.JPG


IMG_3469.JPG


IMG_3472.JPG



と、ここまでは順調に来たが、木道は進入禁止と相成った。北海道名物の「熊出没」である。ヒグマである。この湿原に熊が出るのかと思う。釧路湿原でも、熊注意の看板を見たことがあるので、だだっ広い原野でもどこかに熊がいるのだろう。

IMG_3473.JPG


当然、君子危うきに近寄らず、である。Uターン

利尻富士がウラめしい。

IMG_3491.JPG


IMG_3503.JPG


ビジターセンターに戻る。当初の予定は、自然探勝路を通り抜け、宗谷本線の下沼駅まで行き、電車で豊富駅まで行く予定だった。

それは叶わず、タクシーを呼んだ。タクシーを待っている間、ここへ来る人を見ていたが、人数はごく少ない。夏の最盛期のはずだが、それでも一日に100人には届かないだろう。閑散としていた。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

豊富温泉日誌 幌延ビジターセンター [旅行]

7月24日~29日。道北の豊富温泉に連泊した。サロベツ原野の近くなので周辺を散策した。

これはその記録である。


サロベツ原野というと、上サロベツ原野にあるサロベツ原生花園が有名だ。私も2回行ったことがある。上サロベツ原野は豊富町に属する。

上サロベツ原野の南に下サロベツ原野がある。下サロベツ原野は幌延町に属する。ここに自然探勝路がある。沼のほとりを歩ける。

自然探勝路は幌延ビジターセンターから歩くのだが、ビジターセンターへ行くバス便がない。タクシーで行かざるを得なかった。

これが幌延ビジターセンターである。

IMG_3440.JPG


ビジターセンター近くに展望台がある。

IMG_3439.JPG


展望台から周囲を見る。

展望台の南側は開拓されて、広大な牧草地が続く。

IMG_3420.JPG


IMG_3434.JPG


ビジターセンターの北側が原野になっている。

IMG_3425.JPG


遠くに見える沼が長沼で自然探勝路はここに沿っている。

IMG_3432.JPG


長沼の先に、パンケ沼とペンキ沼があるが、ペンケ沼は厳しい保護を受けているので近寄ることはできない。

パンケ沼は展望台からも見えた。

IMG_3437.JPG


利尻富士は、ボンヤリと見えた。今年はきれいに見える日は少ないという話だった。

IMG_3430.JPG





nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

落ち穂拾い 札幌旅行で見た花 [旅行]

7月中旬、札幌旅行で見た花。

大通公園。バラ園があった。バラの最盛期で関東とは1ヶ月遅れだ。

02大通公園 (37).JPG


02大通公園 (38).JPG


02大通公園 (39).JPG


02大通公園 (40).JPG


02大通公園 (41).JPG


02大通公園 (42).JPG


02大通公園 (43).JPG


02大通公園 (45).JPG


白老町で見た花。

09白老 (47).JPG


09白老 (49).JPG


白老駅では、こんな風だった。

09白老 (65).JPG


しょぼいけど、印象的だった花。白老海岸を走る国道で見た。

09白老 (40).JPG


09白老 (41).JPG


頑張れ、といいたくなる。





nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

苫小牧駅 [旅行]

白老町へ行く途中、苫小牧駅で降りた。前に来たのは12年前。駅前にダイエーがあった。あのあと、どうなったのかと気になった。

製紙工場はまだ稼働している。

07苫小牧駅 (1).JPG


駅ビル。全部シャッターがおりていた。

07苫小牧駅 (5).JPG


07苫小牧駅 (7).JPG


旧ダイエー店。ダイエーの倒産で閉店したが、その後、テナントビルとして活用されていたらしい。それがうまくいかず、市としては取り壊すつもりだが、テナントの権利関係でここ3年揉めている。

現状は柵で囲まれている。

07苫小牧駅 (6).JPG


苫小牧駅の北に巨大なイオンモールがある。周辺は郊外店が建ち並んでいる。電車からも確認できた。これでは買い物客はそちらへ流れてしまう。

駅の周辺は寂しい。

07苫小牧駅 (8).JPG


07苫小牧駅 (10).JPG


07苫小牧駅 (11).JPG


真新しいのは福祉施設である。

07苫小牧駅 (13).JPG


07苫小牧駅 (12).JPG


収入は……年金

仕事は……介護


ウ~ン。


タグ:苫小牧駅
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

白老町 [旅行]

白老(しらおい)町へ行く。札幌から苫小牧経由、室蘭本線で白老駅で降りる。

白老駅。

09白老 (3).JPG


駅前

09白老 (4).JPG


09白老 (5).JPG


白老町へ行ったのは、目的があったわけではない。観光地ではない普通の町を見たかったからである。それに札幌の暑さに平行したので、海際へ逝けば風が涼しかろうと期待していた。

実際、海風がさわやかで、日差しは強かったが、暑さは感じなかった。

白老町は海岸線が長いので知られている。まず、何はともあれ、海に向って歩いた。

09白老 (6).JPG


町並みは道路が広く、建物が低い。だだっ広い感じがする。これが魅力でもある。せせこましくない。

09白老 (12).JPG


海際を走る国道に出る。

09白老 (13).JPG


09白老 (19).JPG


これが白老海岸である。

09白老 (17).JPG


テトラポットが景観を損ねている。ここに限らず、日本の海岸はテトラポットだらけである。

09白老 (22).JPG


09白老 (23).JPG


09白老 (22).JPG


最近よくあるように、ここでしばらくボンヤリしていた。時間がすぐたってしまう。2時間など、アッ0という間だ。

09白老 (24).JPG


09白老 (34).JPG


駅に戻る。

白老町はやはり人口の現象が進み、現在は17000人程度。最盛期からは8000人程度すくなくなった。

09白老 (51).JPG


09白老 (54).JPG


09白老 (50).JPG


駅前にレストラン、喫茶店があった。






nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -