So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

12月8日 北とぴあ 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」 [音楽]

2017年12月8日、王子駅前の北とぴあ・さくらホールで、グルックの歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」を見る。バレエがあるので、セミ・ステージ形式ということになる。

指揮:寺神戸亮
管弦楽:レ・ボレアード

オルフェオ:マティアス・ヴィダル
エウリディーチェ:ストゥキン・エルベルス
アムール:鈴木美紀子

ダンス 振付:中原麻里 ラ・ダンス・コントラステ

オルフェオとはオルフェのことで、死んだ妻のエウリディーチェを冥界から連れ戻す途中、妻を見てしまったことで、エウリディーチェは死んでしまう。日本のイザナギ・イザナミの話と同じだ。オペラはハッピーエンドで終わる。

序曲を耳にした途端、アレッ、モーツァルト?と思ってしまった。第3幕の終わりも「フィガロ」を思い起こしたものである。実際は、順序が逆で、モーツァルトがグルックの影響を受けた。

違うところは、オペラが終わっても、延々とバレエが続くことである。演奏は、パリ版によっているのでバレエシーンが多い。

非常に親しみやすいオペラである。バロック時代のオペラに関心が深まった。有名なのはなんといっても「妖精の踊り」で、ピリオド系の演奏だったので違う曲のように聞こえた。他に第3幕のオルフェオが歌う「エウリディーチェを失って」はよく聞く曲である。メゾ・ソプラノのアグネス・パルツァの歌唱で知っていた。

北とぴあのさくらホールは座席数が1300で、この種のオペラを聴くには最適である。声も通りやすい。オルフェオを歌ったマティアス・ヴィダルはほぼ出ずっぱりだったが、素晴らしい歌唱だった。

高水準の演奏で、日本人奏者の実力を知ることができた。

(日本人が初めてうたったオペラが、このオペラである。1903年7月、東京音楽学校奏楽堂で歌われた。ピアノ伴奏だったそうである。主演者の一人が三浦環だった。日本のオペラ事始めの記念碑的作品である。)





共通テーマ:音楽

12月6日 新国立劇場 「ばらの騎士」 [音楽]

作曲:リヒャルト・シュトラウス
台本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール

完璧につくるのも考えものだ。

オペラを劇場の中で夢を紡ぐものというなら、この「ばらの騎士」ほど相応しいものはない。第3幕のドタバタ劇が終わると、至福の時がやってくる。

完璧に作曲したものだから、テレが出たのか、最後はからかうような終わり方をする。近代人の知性が邪魔をした。

指揮:ウルフ・シマー
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

このオペラはウィーン情緒が出ないと台無しだが、ウルフ・シマーの指揮は申し分がない。東フィルもよく応えていた。

元帥婦人:リカルダ・メルベート
オックス男爵:ユルゲン・リン
オクタヴィアン:ステファニー・アタナソフ
ゾフィー:コルダ・シュルツ
ファーニナル:クレメンス・ウンターライナー

歌手の出来栄えは凸凹があった。

(追記)

このオペラは、各幕とも”静-動ー静”で構成されている。前フリがあり、騒々しくなり、その後に静けさが訪れる。作劇術という点から考えても、非常に巧妙である。各幕とも、ヘソになる部分は最後にある。

第3幕は、三重唱+二重唱で感動を生み、第1幕は有名な元帥婦人のモノローグである。第2幕は騒動のもとになるオックス男爵の独唱である。ここは野暮なワルツが使われる。野暮なワルツだと思うが、妙に耳に残る。

第1幕で元帥婦人、第2幕でオックス男爵、第3幕でオクタヴィアンとゾフィーに光が当てられる。まんべんなく出番がまわるように配慮されている。

このオペラで一番出番が多いのがオクタヴィアンだが、案外、印象に残らない。ゾフィーも同じ。オクタヴィアン17歳、ゾフィー15歳である。はなたれ小僧とはなたれ娘の恋である。続かないよなぁ...元帥婦人にもわかっているが、抗しようがない。


タグ:バラの騎士

共通テーマ:音楽

11月30日 みなとみらい ダニエル・ハリトーノフ [音楽]

11月も最後の日、みなとみらい大ホールで、ダニエル・ハリトーノフのピアノ・リサイタルを聴いた。

”みなとみらいアフタヌーンコンサート”である。午後1時半に始まり、3時半頃に終わる。つまり、家庭の主婦の家事の邪魔にならない時間に開かれる。

大ホールで開かれたが、席はほぼ埋まっていた。客席は、当然のことながら、ほぼ女性で占められていた。9割ぐらいは女性だったのではないか。休憩時間中、男性トイレはガラガラだったから、男はほとんどいなかった。

ダニエル・ハリトーノフは今夏に一度聞いたことがあり、その時にマークしておいた。19歳のロシアの新進ピアニストである。背が高くほっそりしている。指が長く、バリバリ弾きまくる。客席の反応を見ても、超絶技巧を発揮する方が熱気が高まる。

日本で受ける男性ピアニストは、まず美青年でなければならない。主要客が女性だから。腕よりもヴィジュアル的要素が重要なのだ。

プログラムは有名曲ばかりで、これで3900円だから、お得感がある。

モーツァルト「幻想曲」
ベートーヴェン 「月光」「熱情」
ショパン 「バラード第1番」「ノクターン第2番」「即興曲第1番」「ノクターン第20番」「ポロネーズ第6番”英雄”」
リスト 「愛の夢第3番」「ハンガリー狂詩曲第2番」

(アンコール)ラフマニノフ「前奏曲”鐘”」ショパン「エチュード”大洋”」

盛り上がってきたのは、バリバリ弾くようになってから。つまり「月光」の第3楽章から。ピアノのソロ・リサイタルに大ホールがふさわしいのかどうか、疑問に思っている。ニュアンスがとんでしまうからだ。

客席はシラけることもなく、熱狂することもなく…家庭の主婦は忙しいからね。帰宅を急ぐ。

共通テーマ:音楽

11月26日 みなとみらい ジョルダン=ウィーン響 [音楽]

11月26日、午後3時から、みなとみらいホールでコンサートを聴く。

指揮:フィリップ・ジョルダン
管弦楽:ウィーン交響楽団

プログラム:

①ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」
②マーラー 交響曲第1番

(アンコール)ヨハン・シュトラウス二世のポルカ2曲。「トリッチ・トラッチ・ポルカ」と「雷鳴と稲妻」。(いずれ、ニュー・イヤー・コンサートを指揮するだろう。)

当初は行かないつもりだったが、指揮者のフィリップ・ジョルダンが2020年からウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任するというニュースを知り、好奇心から出かけたものである。キリル・ペトレンコの場合と同じだ。

客席はほぼ埋まっていた。私がチケットを買ったときは、ホールの両サイドは空席表示が目立ったが、ジョルダンに対する関心が強まり、その後に売れたのだろう。

フィリップ・ジョルダンは…ともかくも、イケメンである。女性の血が騒ぐだろう。筋肉質の体格でカッコいい。

プログラムは、終わりが派手な曲が2曲。海外演奏ということになると、こういう選曲になるらしい。

「運命」については、テンポ速く小気味が良かったが、ウィーン響の特質なのかどうか、音がまろやかで迫力が今ひとつ。コントラバスを正面後ろに配置していたので低音が響かない。ティンパニはほとんど聞こえなかった。

マーラーの交響曲第1番は、これは遅めの演奏だった。他の演奏では見逃してしまうところも聞き分けられた。マーラーの交響曲はやはりウィーンの音楽なのかという思いがした。全体、まろやかブレンドのマーラーであった。だれるところもあった。ジョルダンがフランス人だからか、やはり演奏は軽めである。

フィリップ・ジョルダンは、見た目はスポーツマン・タイプだが、音楽は柔軟である。目と耳では印象が異なる。

ジョルダンの振りは大きいが、ウィーン響は、我が道を行く感があり、全体ウィーン風というか、おっとりしていた。ききやすいが、スケール感が出なかった。

共通テーマ:音楽

永観堂 [旅行]

京都の紅葉というと、まず永観堂か東福寺かということになるだろう。東福寺には行かなかったが、永観堂には行った。

04永観堂 (46).JPG


04永観堂 (47).JPG


04永観堂 (48).JPG


04永観堂 (49).JPG


04永観堂 (50).JPG


04永観堂 (51).JPG


04永観堂 (52).JPG


04永観堂 (53).JPG


04永観堂 (54).JPG


04永観堂 (56).JPG


04永観堂 (57).JPG


04永観堂 (58).JPG


共通テーマ:旅行

坂本 [旅行]

日吉大社を詣でた後、坂本を歩く。坂本は、比叡山の僧侶で、高齢になったものが住む里坊の町である。

街並みは独特で散策に向いている。日吉大社から坂本駅まで戻る途中、横道に入ったのだ。

15坂本 (5).JPG


15坂本 (12).JPG


琵琶湖が見える。東照宮の下あたりである。

15坂本 (19).JPG


滋賀院門跡あたり。紅葉が目立つ。しかし、そのまま通り過ぎた。

15坂本 (26).JPG


15坂本 (28).JPG


15坂本 (32).JPG


15坂本 (33).JPG


15坂本 (35).JPG


15坂本 (37).JPG


15坂本 (38).JPG


坂本の町並み。重要伝統的建造物群保存地区である。

15坂本 (44).JPG


15坂本 (1).JPG





共通テーマ:旅行

日吉大社 [旅行]

11月24日。琵琶湖の紅葉巡りで、日吉大社を参拝する。

坂本駅から参道をあがる。

紅葉は……もう、終わっていた。落胆した。

13日吉大社 (6).JPG


13日吉大社 (10).JPG


境内は日当たりが悪いので紅葉は遅くなるはずで、期待したが…。

13日吉大社 (13).JPG


イマイチ。

山王様式と鳥居。これが本家のものだ。東京赤坂の山王日枝神社の鳥居で馴染んでいる。

13日吉大社 (15).JPG


境内に期待したが、やはり、紅葉美に届かない。

13日吉大社 (16).JPG


13日吉大社 (19).JPG


西本宮。

13日吉大社 (23).JPG


まだ紅葉していない。

13日吉大社 (28).JPG


西本宮の社殿。

13日吉大社 (30).JPG


東本宮に向い歩く。

13日吉大社 (34).JPG


13日吉大社 (42).JPG


西本宮。国宝である。

13日吉大社 (46).JPG


結局、紅葉は諦めた。予定を切り上げ、家路につく。
タグ:日吉大社

共通テーマ:旅行

石山寺 [旅行]

石山寺の紅葉を見に出かける。11月23日のことで、午前は石山寺、午後はびわ湖ホールで過ごした。

石山寺の参道。ここは御覧のような風景で秋らしかった。

IMG_5671.JPG


石山寺のシンボルの岩。

IMG_5690.JPG


ここから本堂へ上がった。去年は御開帳で本尊を拝めたが、今は、前立仏だった。ギンギラ銀の仏様だった。

本堂前はまだ色づき始めだった。

IMG_5700.JPG


本堂を出て、多宝塔へ向かう。

IMG_5702.JPG


IMG_5704.JPG


IMG_5713.JPG


展望台から瀬田川を見る。

IMG_5716.JPG


全体、まだ紅葉の見ごろとは云えない状態だった。

IMG_5722.JPG


IMG_5726.JPG


IMG_5727.JPG


IMG_5730.JPG


IMG_5735.JPG



共通テーマ:旅行

びわ湖ホール [旅行]

びわ湖ホールへ行くには、京阪電車の石場駅でおりるのが一番早い。京都からだと、地下鉄東西線で石山寺行きの電車に乗ればいい。

IMG_5795.JPG


IMG_5811.JPG


IMG_5827.JPG


喫茶室。上から見下ろせる。

IMG_5828.JPG


休憩時間のロビーから外を見る。風が強かった。

IMG_5817.JPG


虹が出ていた。

IMG_5822.JPG


共通テーマ:旅行

11月23日 びわ湖ホール 「アッシジの聖フランチェスコ」 [雑感]

11月23日。びわ湖ホールで、オリヴィエ・メシアンの「アッシジの聖フランチェスコ」を聴く。本来はオペラだが、演奏会形式だった。

東京での演奏会は即チケット完売で、びわ湖ホールのチケットを購入。こちらも満席に近かった。びわ湖の紅葉を楽しもうという思惑もあったが、今年の紅葉は美しくなかったのが残念。

メシアン演奏の第一人者シルヴァン・カンブルランの指揮、読売日本交響楽団の演奏だった。

午後1時5分ごろから始まり、6時40分に終わった。(休憩は35分が2回。)

ともかくも、終わったときは、早く、ホールから出たかった。拍手もそこそこにしてホールを後にした。

感動しなかったわけではない。それどころが、稀有の音楽体験だったと思う。

拍手したかったが、ヘトヘトに疲れてしまったのだ。他にもそういう人が多かったと見え、座席から立ってしまう人が多かった。1回目の拍手で半分ぐらいの人が立ってしまった。

疲れた理由は長時間座っていたからというわけではないだろう。ワーグナーの歌劇で体験済みである。

疲れた原因は、このオペラの根幹をなすカトリシズムにある。日本人(というか、私)には理解しがたい世界だ。理解しようとしエネルギーを消費したようである。内容的には躓く場面も多かった。

カンブルランの指揮は適格で指示も明快だった。電話帳のようなスコアだった。歌手はいずれも優れていた。

終結は、信じられないようなサウンドで、読響も合唱団(新国立劇場合唱団とびわ湖ホールアンサンブル)も能力の限界以上の力を出し切ったのではないか。

カンブルランもラストは顔を真っ赤にして振っていた。会心の出来だったのではないか。今年のベスト演奏会はこれで決まりだ。

この曲を聴くのは、これが最初で最後かと思う。一期一会とはこういうことを言うのだろう。


(データ)

台本・作曲:オリヴィエ・メシアン

指揮:シルヴァン・カンブルラン
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団 びわ湖ホールアンサンブル

聖フランチェスコ:ヴァンサン・ル・テクシエ
天使:エメーケ・バラート
皮膚病患者:ペーター・ブロンター
兄弟レオーネ:フィリップ・アディス
兄弟マッセオ:エド・ライオン
兄弟エリア:ジャン=ノエル・ブリアン
兄弟ベルナルド:妻屋秀和
兄弟シルヴェストリ:ジョン・ハオ
兄弟ルフィーノ:畠山茂

第1幕 第1景「十字架」 第2幕「賛歌」 第3幕「重い皮膚病患者への接吻」
第2幕 第4景「旅する天使」 第5景「音楽を奏でる天使」 第6景「鳥たちへの賛歌」
第3幕 第7景「聖痕」 第8景「死と新生」

第1幕 約75分 第2幕 約120分 第3幕 約65分

共通テーマ:音楽
前の10件 | -